東京レインボープライドイベントレポート② 「私はワタシ 〜over the rainbow〜」、「ディフュージョン」、「LGBT×中野区×条例〜LGBTがユニバーサルデザイン条例を考える〜」

 

TOPICSトピックス

東京レインボープライドイベントレポート② 「私はワタシ 〜over the rainbow〜」、「ディフュージョン」、「LGBT×中野区×条例〜LGBTがユニバーサルデザイン条例を考える〜」

2017.05.08

【東京レインボープライド 2017 イベントレポート②】


皆さんこんにちは!
昨日までのレインボーウィーク、いかがでしたか?
しっかり満喫されましたか?
 
今回は4月29日の「私はワタシ〜over the rainbow〜」完成披露試写会&トーク、「ディフュージョン」、30日の「LGBT×中野区×条例〜LGBTがユニバーサルデザイン条例を考える〜」のレポートをしたいと思います!

 

◆「私はワタシ〜over the rainbow〜」完成披露試写会&トーク◆


一般社団法人get in touch主催の映画「私はワタシ〜over the rainbow〜」完成披露試写会&トークでは様々なセクシュアルマイノリティの方の声を聞くことができました。
 
 
みんなの「自分らしさ」が詰まったような映画で、出演者の皆さんを心から「カッコイイな」と思いました。

ぜひ皆さんにも見ていただきたい作品です!

試写会後のトークで東ちづるさんが「当事者から何か特別な言葉が出てくるかと思ったけど、出てこなかった」とおっしゃっていたのがとても印象的でした。

当事者とか非当事者とか関係ない、誰もがみんな一個人なんだと改めて感じられました!
 
 

◆ディフュージョン◆


29日夜に行ったクラブイベント、「ディフュージョン」は深夜0時を過ぎても大盛り上がり!


可愛い女装さんたちが会場を埋め尽くし、おしゃべりしたり、カラオケしたり、、、。
0時過ぎからはセクシーなダンサーさんたちによるポールダンスが開始!
初めて生で見るポールダンスは圧巻でした!
 
 
◆LGBT×中野区×条例〜LGBTがユニバーサルデザイン条例を考える〜◆

そして、翌日の30日は「LGBT×中野区×条例〜LGBTがユニバーサルデザイン条例を考える〜」へ。


こちらでは中野区の取り組みの現状について登壇者の方々の意見を伺いました。
 
その後のグループディスカッションでは参加者の皆さんと現状の課題について意見交換。
 
自分にはない視点からのご意見・アイディアがたくさん出て、とても刺激になりました!
 
どのイベントもそれぞれ違った面白さがあり、素敵なレインボーウィークの幕開けになりました☆
 
Rainbow Lifeスタッフはレインボーウィーク中イベントに行きまくっていたので、イベントレポートはまだまだ終わりませんよ!
 
5月3日以降のレポートも今後どんどん更新していきますので、お楽しみに!
   
 

WRITERこの記事の投稿者

山梨


アライ日記


ストレートアライ。幼少期に男子のような洋服を好んで着ていたため、男子によく男子に間違えられていた。最近では、文京区にて交流会を開催中

他の記事を見る

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLGBTメディア|レインボーライフは一切の責任を負いません