性別のしがらみを超えたペアリング「Himegoto」の秘密

 

TOPICSトピックス

性別のしがらみを超えたペアリング「Himegoto」の秘密

2018.11.27

「大切な人」と聞いて、あなたは誰を思い浮かべますか? 友人、恋人、家族、好きな人、気になる人……。大切に思う人との関係性は様々あります。
ふと、その人の顔を思い浮かべた時、どんな気持ちになるでしょうか。なんだか心が穏やかになったり、すぐに会えないもどかしさに切なさを感じたり。それもきっと、あなたと、あなたの大切な人とだけの、大切な関係だと思います。
 
近くにいる時も、離れている時でも、その絆をそばで感じていたいと思うことはありませんか?
今回は、そんな秘めた想いを叶えてくれる、素敵なペアリングのご紹介&リポート記事です!
※後半はインタビューもあります!


 

ふたりだけの「Himegoto」ペアリング


 
今回ご紹介するのはというペアアクセサリーブランドです。
みなさんもこのバナーを見たことある人も多いのではないでしょうか。


「姫言」「秘事」どちらも読みは“ひめごと”。「姫」(女性)達の「言」葉(想い)と、心に「秘」めた「事」をさらけ出せるようなアクセサリーを製作したい…そんな想いからブランド「Himegoto.」が誕生しました。
友情の証、愛情の証、仲間の証 etc.このアクセサリーの捉え方は、おふたりの自由です。込める“ひめごと”もお任せします。
※公式サイトにある誕生秘話
 
ペアリングを調べてみると、どうしても「恋人同士が身につけるもの」だったり、「もっと近づきたくて贈るもの」という意味合いが強いイメージがあります。
けれど、Himegotoのコンセプトの芯にある「絆を深める」という意味には、性別も関係性などのしがらみはありません。
Himegotoのペアリングは関係性を限定することなく、大切に思う人と身につけるもの、という思いやりが散りばめられているのです。
 
今回はHimegotoの立ち上げ&デザインを行った「ユイさん」さんにお話を聞きました!


 
Q早速なんですが、一番人気のペアリングは何ですか?
「こちらですね」


 
実際に手にとってみると、細部へのこだわりがぎゅっと凝縮されています。
聞くと、フェミニン&無限をかたどったマークの中央にあるストーンは選べる誕生石となっているそうです!

はめて見たらこんな感じです!


 
「それぞれの誕生石にする人もいるし、意外と誕生石関係なく自分の好きな色の石をオーダーする人も多いですね。」
 

 
指につけてみるとちょうどいいサイズ感で、いつも付けていても馴染むようなスタイルとなっているのが嬉しいですね。
 
Qペアリングが欲しいけど、自分の指のサイズがわからないんです……。
「そんな時はリングゲージの無料貸し出しもあるので、お気軽にお問い合わせください」
 
至れり尽くせりです……。
 
Q他にはどんなペアリングがあるんですか?
 
「フェミニンすぎない、シンプルなものも取り揃えていますよ」
 



 
何よりこのアクセサリーそれぞれにある「ひとことコンセプト」が胸キュンすぎませんか?
ぐっと惹かれる、しかもしっかり丁寧に考えられているコンセプトが、よりアクセサリーの魅力を引き立てているように思えます。


 
「お仕事などで普段ペアリングを身につけられない方にもお揃いのものを、という想いを込めて、Himegotoではネックレスやブレスレットなどもあるんですよ」
 

 
ペアリングもいいけれど、ペアのネックレスもなんだかときめいてしまいますね。
 
Qそういえばもうすぐクリスマスですね……
 
「無料のラッピングはもちろん、クリスマス仕様のラッピングもご用意しています」


 
なんと……「あの子に似合うのはどれかな〜」「喜んでくれるかな〜」って妄想しながら選ぶだけで、綺麗にラッピングされて届くなんて……Himegotoの思いやりはどこまでも散りばめられているようです。
 
もっとHimegotoのペアアクセサリーを見たい方はこちら!


 

当事者から見た理想のペアリング



Himegotoはどんな人にでも届くペアアクセサリーブランドですが、その思いやりの深いコンセプトがLGBTsの方にも反響を呼んでいるそうです。
Himegotoのユイさんに加え、今回はレズビアンライターの「銀シャリ子」さんとそのお友達でバイセクシャルの「マサヒロ」さんに、LGBTs当事者としてそれぞれが思うペアアクセサリーについても聞いてみました!



 

「ペアリングは形で残る大切な思い出」銀シャリ子

 
Q シャリ子さんはどんなペアリングが思い出深いですか?

当時、ストレートの女の子が大好きだったんですけど、私はカミングアウトしてなかったし、お互い心許せる『親友』だったんです。
 
二人でとある旅行先に行った時に、いろんなクリエイターさんの雑貨やアクセサリーを揃えたコンセプトショップに入って、シンプルな真鍮の指輪が二人で目に入ったんです。

彼女は親友として、そして旅行の一つの思い出として『お揃いで買おっか』って言ってくれたんです。その子とは今は遠距離でそれぞれ生活してるんですけど、その言葉がとても嬉しくて、今でもたまにその指輪をはめて思い出したりしています。

ペアリングは、私にとって形に残って、大切な時間を思い出させてくれる素敵なものだと思いますね。
 
Q わあ〜めっちゃ純愛……。シャリ子さんはアクセサリーをどんな基準で選んでるんですか?

それでいうと、Himegotoさんみたいな『コンセプト』のしっかりしたアクセサリーはつい手に取っちゃいますね。

アクセサリーは私にとって『お守り』みたいな要素もあるので、そのブランドがどんな思いを込めて作ったのか、結構重要なんです

ペアリングだったらきっとなおさらですね。誕生石とかの意味を込めるのも、ちょっと似てるような気がします。
 
 

「意外と少ない、ユニセックスなペアリング」ヨコヤマさん

 
Q ヨコヤマさんは普段どんなアクセサリーを身につけていますか?

僕はユニセックスな印象のアクセサリーを選ぶことが多いですね。

メンズ向けのアクセサリーって、色は黒、モチーフはスカルとか十字架とか、結構偏りがちだと感じています。そもそもメンズ向けアクセサリー自体の市場は狭いですし。かと行ってレディース向けのアクセサリーはフェミニンなものが多くて……。
 
シンプルなスタイルの、性別の色を気にしない、ユニセックスなアクセサリーだと僕にとって違和感なく身につけることができるんです。
 
Q ペアリングに刻印をしたりするのはどうですか?
とてもいいと思います。でもあまり目立たない方がいいかな。リングの内側なんかに入れて、大っぴらにしない『二人だけにわかればいいように』刻印が素敵だと思います。

ペアリング自体、そもそも二人だけの特別なものだと思うので、イニシャルや思い出の日付を入れるくらいがちょうどいいのかな、なんて思います。
 
 

「指輪に性別はないよね」銀シャリ子&ヨコヤマさん

 
Q ところでHimegotoの印象はどうですか?

シャリ子)すごいなあと思うのが、購入画面では普通「レディース」と「メンズ」でそれぞれ選ぶようになってるのに、Himegotoは「1つ目」と「2つ目」っていう選び方を見て正直いいなあと思ったな。

マサヒロ)それ僕も見たよ。どんな性別のどんな人でも、抵抗を感じずに購入できる文言だよね。

シャリ子)しかもサイズもいわゆるレディースサイズやメンズサイズじゃなくて、それぞれ同じようにサイズ展開しているのがもうやばい……。

マサヒロ)配慮が素敵だよね。女性だからってレディースサイズがみんなに当てはまるわけじゃないし、男性だってメンズサイズが大きいと感じる人もいるはず。トランスジェンダーの人がペアリングを買うときも良さそうだね。

シャリ子)確かに!みんなそれぞれのサイズだもんね〜。私は、レズビアンだからとかバイセクシャルだからとか関係なく、好きな人とのペアリングを選ぶときにはおすすめだなって思いました。

マサヒロ)そうだね、指輪にもともと性別なんてないんだし!
 
 

もうすぐクリスマス、あなたは誰とペアリングをおそろいにする?


 
今回はペアアクセサリーブランド「Himegoto」のユイさんと、レズビアンライターの銀シャリ子さん、バイセクシャルのヨコヤマさんをお迎えして、リアルなペアリングの実態をリポートしました!
 
そんな季節はもうクリスマス間近……。
あなたは誰とおそろいにしたいですか?
 
Himegotoについてもっと知りたい方はこちら!
パートナーリングなんてものもあるらしいよ!


 

WRITERこの記事の投稿者

銀シャリ子

超絶怒涛のレズシャリ子!(仮)
※ハマチが好き
 

他の記事を見る