バリタチこそレズセの極み!タチは奉仕にあらずなり

 

TOPICSトピックス

バリタチこそレズセの極み!タチは奉仕にあらずなり

2019.01.10
女好き度なら誰にも負けない!
・・・なんて星の数ほどいるレズのひとり。
生まれてこの方ずっとレズ。
日々女性を熱っぽい目で見つめる
ワタクシにこちゃんがL的な角度から日々の出来事を綴ります!
 
青いイナズマが〜僕を責める〜
ホノオ、カラダ、焼きつくす〜ゲッチュ♪
冷たい君の素肌が〜
いつも、ココロ、狂わせる〜
ま〜ど〜わ〜せてぇ
ゆーあーマイガール〜〜♪

「青いイナズマ」 歌詞:森浩美

今回は人類最強の感度を誇るバリネコとの出会いから生まれた記事よ。そのバリネコいわく「わたしも攻めてみたいんですけど、攻めてるうちにきもちよくなっちゃってできないんです〜!」…なにそのタチごころくすぐるフレーズ。でもわかる!攻めるのきもちいいよね!っていうことでタチの良さをたっぷり伝える『えるてき!バリタチこそレズセの極み!タチは奉仕にあらずなり』、バリタチとしての全プライドをかけてはじまりはじまり〜!



 

タチってるのは自己犠牲じゃない!



女性同士のセックスは一般的に、能動的に動くほう(タチ、攻め)と、受動的にしてもらうほう(ネコ、受け)に分かれるにこ。
そしてカップルごとにタチネコの割合があるのね。1回タチをしたら、必ず攻守交代してネコに回る5:5カップルもいれば、自然と7:3くらいに落ちつくのよね〜っていうカップルもいるの。

で、にこはバリタチ、つまり毎回100%タチとして攻めるタイプなのね。10:0なの。もちろん相手の合意の上でね?相手もタチしたければ攻守交代して、タチをしたいという気持ちを尊重するわよ。

でもね、ほんとーによくある誤解なんだけど

「それじゃ、にこさんがするばっかりで、お返しはしてもらわないんですか?」

それはそうなんだけど、違うのよー!タチってるのは奉仕とか自己犠牲とか作業じゃないの!きっと男女のセックスベースで考えちゃうと男性器を女性器に出し入れすることだけが性的快感だと思っちゃうのね。

本当は、タチそのものが目的で快感なの!タチのよさ、それは好きな女の子にさわれる幸せ、触れ合う肌と手と舌のきもちよさ、体を明け渡してもらえるという受容感、相手の体のいちばん奥まで入っていける優越感、女の子の快感をこの手で引き出している支配感、などなどセックスの達成感、満足感そのままね。

ちなみににこくらい一生懸命タチすると、3R後くらいには電池切れで寝落ちするくらい体力使うからね!タチするほうも、ココロもカラダも満たされているわけです。
 

レズタチも含め、性の楽しみの奥深さ



この前SMの女王サマに、お仕事中どんなプレイをしているのか実践的な方法を見て学べる機会があったのね。で、その女王サマが得意とする乳首責めのノウハウを教えてもらったんだけど、乳首開発しているときの女王サマ、ちょっと夢中になりすぎて狂気を感じるほどなのよ(笑)

M男の乳首を開発しているときのS女王サマって、女性器への快感はないわけだけど、M男の乳首いじってる自分の手の感覚であったり、相手の快感をコントロールしてる支配欲であったり、総合的に性的快感を得ているわけよ。

こんなカンジでノンケでもレズでも男性でも女性でも、自分の性器を使わないセックスの手法があるわけね。そんな奥深い性の楽しみを毎回享受できるバリタチこそ、最もセックスの極みにリーチしてると言えるわね!バリタチの誇りにかけて断言しちゃう!(笑)

と、いうわけでタチは楽しいしきもちいいし、やらされてる作業じゃないって話にこ。にこにとってはむしろ受けてる時間がもったいない!くらいタチしたくて仕方ないのよね。さて、レズネコのみなさんとノンケ女性のみなさん、好きこそものの上手なれ、でしょ?こんなにタチするのが好きで好きで仕方ないにこが心から望んでタチするセックスがきもちよくないわけがないの。「ちょっと興味あるかも…」って子はお気軽に声かけてね。心からお待ちしてます。それじゃ、にっこにっこにーで今回はここまで。次回もお楽しみにねー!

 

WRITERこの記事の投稿者

にこちゃん

えるてき!

1989年生まれ。百合もレズも大好きな女好きのレズ。彼女大募集中!この世の女の人全員幸せになりますようにと願ってやまない今日この頃。

他の記事を見る