ナイキのレインボーカラーを取り入れたBETRUEコレクションが販売開始!

 

TOPICSトピックス

ナイキのレインボーカラーを取り入れたBETRUEコレクションが販売開始!

2018.06.06

 


プライド月間と呼ばれる6月に入り、多くの企業がLGBTQコミュニティへのメッセージを託した商品を発表している。

スポーツブランドのナイキ(NIKE)はLGBTQコミュニティの象徴であるレインボーカラーやピンクトライアングルを取り入れたコレクション・BETRUEを6月6日から販売する。






エアバッグの部分がレインボーカラーになっており、性別を象徴するブルーとピンクを混ぜた色・ラベンダーが全体の色として用いられている。

また、LGBTQカルチャーの歴史の中で用いられてきた、ピンクトライアングルを取り入れたシューズも登場する。

ピンクトライアングルは、もともと第二次世界大戦の間、ドイツ軍によって作られた同性愛者を識別するためのものだった。それが転じて、70年代にはゲイの活動家に、80年代にはエイズ支援団体であるACT UPによって行われた”沈黙は死”のキャンペーンでも用いられた。

 



 


このBETRUEコレクションは、一部の販売店およびNIKE.COMで購入が可能だ。

 

WRITERこの記事の投稿者

レインボーライフスタッフ

LGBTに関わるニュースやおすすめ情報を更新中!

    
他の記事を見る