同性カップルも里親に! 東京都が「里親認定基準」を改正

 
ZIGEN UVクリームジェル

TOPICSトピックス

同性カップルも里親に! 東京都が「里親認定基準」を改正

2018.05.21


 
東京都は5月18日、虐待などを理由に親元で暮らせない子供を育てる「里親」の認定基準を緩和することを発表した。この改正により、これまで認定から実質排除されていた同性カップルも、養育里親として子供を受け入れることができるようになる。
 
大阪市が全国で初めて男性カップルを里親として認めてから1年あまり。今回、東京都で同性カップルの里親が認められることとなったのは、都の認定基準にある「単身者」の項目が変更されたからだ。
 
単身者(配偶者のいない人)が里親になろうとした場合、これまでの基準では「20歳以上の親族もしくは事実婚の同居者」である「補助者」がいることが条件だった。現在の日本では同性婚が認められていないため、同性カップルは事実上、里親の認定基準を満たすことができなかったのだ。
 
しかし今回の改正で、「補助者」は「親族以外の同居者も可」となったため、同性カップルも里親認定基準の範囲内に含まれることとなった。さらに条件つきで単身者も認定基準に含めたうえ、里親の年齢制限も撤廃される。
 
改正は10月1日から実施される。これまで選択肢を持てなかった同性カップルにとって、そしてなにより多くの子供たちにとって、大きな変化の一歩となるだろう。
 
 

WRITERこの記事の投稿者

レインボーライフスタッフ

LGBTに関わるニュースやおすすめ情報を更新中!

    
他の記事を見る