情熱・熱風・アジアン紀行(タイ性別適合手術の旅・後編)

 

TOPICSトピックス

情熱・熱風・アジアン紀行(タイ性別適合手術の旅・後編)

2018.02.25
 
滞在中飲んでいたスイカジュース
 
 
皆さんこんにちは!ねこママです。

次の記事を何にするか?で沢山沢山考えました。そして、考え過ぎて思考回路がショート寸前だったので、お話をタイ編に戻す事にしました。”もう飽きたよー!”なーんて事は言わずに、お付き合いのほど、よろしくお願いします♬
 

 

素敵な出逢い


その出逢いは入院中にやって来ました。我々は全く気が付かなかったのですが、どうやら目の前のお部屋にその彼女は入院していたそうです。

彼女は”Aちゃん”と言う可愛い子でした。娘の退院の前日に病室にやって来たのでした。

お見舞いを兼ねてのご挨拶で、娘はこの日が初対面でした。娘が退院すれば一緒に病院に通院するお仲間となります。私は既に午後の一時帰宅の時に会っており、アパートのお隣さんでもありました。年齢も近い事もあり、娘は「これから一緒だから楽しみ〜」と、凄く嬉しそうでした。お仲間が居て良かったね!
 

退院した日の夜はアパートの下のレストランに夕飯を買いに行きました。カテーテルが外れておらず、その上カテーテルが入った袋をぶら下げています。この姿で、レストランでの食事は無し!と言う事で、持ち帰りにする事にしました。レストランに来る時にAちゃんの部屋をノックしたのですが、応答がなく娘は残念そうにしていましたが、偶然にも下のレストランで会う事が出来て、お互い喜んでいました。Aちゃんもこれから夕飯との事だったので、私達の部屋で食べる事を提案してお招きしたのでした。

この日から、Aちゃんの帰国する日まで毎日一緒に夕飯を食べる事になるのでした。
 


 

新しい友達

 
年齢が近いせいか、彼女達が仲良くなるのに時間はかかりませんでした。

ある日の夜、アパートの下のレストランで夕飯を終えた後に、娘がAちゃんの部屋に行く事になりました。おばちゃんが居たら話づらい事もあるでしょう⁉︎私は部屋で留守番です。

ゆっくりシャワーを浴びて、洗濯ババアに変身となりました。夜遅い時間に洗濯機を回しても苦情は来ません。何故なら、一晩中暑くて窓を閉めているので、外に置いてある洗濯機の音は聞こえないからでーす!時間を問わず洗濯が出来るなんて、パラダイス‼︎

12時前に娘が満足そうに帰って来ました。2人で毎年タイで行われる”ミス・インターナショナルクィーン”を観ていたそうです。「楽しかったぁ〜」と頬を高揚させて戻って来ました。


毎日本当に楽しそうに過ごしている娘を見て、少しホッとしたのを覚えています。

大変な手術をして、毎日毎日病院とアパートの往復です。当然、手術の傷も痛みます。

そんな中で、少しでも楽しく思える時間がある事は、喜ばしくもあり嬉しい事です。痛みや苦しみだけでは乗り越えられない事はありますからね⁉︎

親では埋めてあげる事が出来ない事もあります。

そんな中で、同じ痛みを抱えている者が直ぐ側に居ると言う事は、本人にとってはとても心強い事だと思います。2人はほぼ毎日、本当に遅くまで沢山話をして、悩みを打ち明け、そして笑っていました。私はそんな2人を見てるのが楽しかったし、娘の笑顔を見る事が出来て、本当に嬉しかった!

何もしてあげられないもどかしさがあったので、娘の笑顔は私にはある意味救いだったのです。

 

 

ある日のお昼

 

毎日アパートと病院の往復でボチボチ飽きも来ていた頃、タイ人スタッフのPさんが少し遠くのショッピングモールへ連れて行ってくれました。時間は午後のダイレーション迄の時間です。お昼を食べて少し買い物をします。

車で移動なのですが、当然土地勘なんてある訳もなく、何処に連れて行って貰ったのかサッパリ分かりません。が、我々の生活圏内にあるショッピングモールよりもはるかに大きくて店の数も多く、正直時間が足りないくらいでした。(本当、もう少し見たかったぁ〜!)

 

8番ラーメン、なるとが8!
 

お昼は”8番ラーメン”と言う日本のお店で食べました。我々住む地域にはないお店だったし、初めて聞いたお店だったので、恐る恐るではありましたが、とても美味しくて、日本で食べるラーメンや餃子と全く変わりませんでした(満足満蔵!)
お店には魅惑的な物が沢山並んでいて「買ってくれよー!」と我々に訴えているようでした。
(私の勝手な妄想ですがね)
 
Aちゃんが「滞在中も履ける靴が欲しい!」とのリクエストで靴を見て回りました。

デパートではないので、品物もそんなに高くはありませんでした。私も夏に向けてサンダルを300バーツでGET!日本円で1000円もせず買う事が出来ました。(本当に安い!)

タイ人スタッフのPさんは、Aちゃんを娘の様に可愛いと言って、色々と面倒を見ていました。側で見ていてとても心配なんだそうです。Aちゃんも可愛らしいサンダルを無事にGET出来ました。我が娘は欲しい靴がことごとく売り切れでGETにはなりませんでした。

「クソーッ‼︎なんで無いんだー!」と悔しがっていました(笑)

 
そんなに時間もないので地下に行き、夕飯を買う事にしました。フードコートの様なお店で買ったのですが、システムが日本とは違い変わっていました。

まず、一定の金額で(1000円くらい)でカードを買います。品物を選びお店でカードを通します。帰りにカードを買ったレジみたいな所で精算をして、返金してもらうのです。直接お店との現金でのやり取りはありませんでした。そのチャージしてあるカードさえ持っていれば、フードコート内のお店でなんでも買えるのです。
 

Pさんが居なければ、こんなシステムも分からず、ご飯にありつけなかったと思います。

毎回毎回、Pさんには感謝です!地下の食べ物屋さんには、最近日本では見かけなくなった、DUNKIN’DONUTSがあり、毒々しい色のドーナツが私達を迎えてくれました。勿論、おやつ用にGETです!Pさんから”このお店のこれは美味しい”とバナナを揚げた物を買ってもらいました。その場でも食べたのですが、本当に美味しかった!(Yummy〜♡)
 
この後急いで帰ります。午後の大仕事が彼女達を待っているからです。でも、こんな時に限って、渋滞したりするんですよね〜(汗)少し(?)遅れましたが、何とか午後の大仕事を終える事が出来ました。「いや〜っ、楽しかった!」買い物中も2人は、とても楽しそうでした。

その姿を見てる私も楽しかったです!
 

 

しばしのお別れ

 

Aちゃんの方が先に来ていたので、当然帰国も彼女の方が先です。

前日、日本からお父様がお迎えに来ていました。到着が夜中だったので、お会いしたのは帰国の当日でした。アグレッシブなお父様で、前回来た時もこの暑い中、ジョギングをされていたそうです。(当然、今回も走ってます)私がやったら1メートルも走らずに倒れて溶けてしまうでしょう!(グヘヘへッ)
 
病院で少しお話をしましたが各家庭、色々悩みはつきません。でも、子供を想う気持ちは同じです。そうでなければ、わざわざタイまで迎えには来ないでしょうからね。

夕方にAちゃん達は帰国しました。アパートの下で写真を撮ってお見送りです。娘は一足先に帰国出来るAちゃんに「帰国出来て良いな〜ッ!」を連呼していました。数日後には我々も帰国出来るのですが、娘は常に「早く日本に帰りたい!」と言っていました。どうやら海外での生活は合わない様です。”日本最高!”が娘の口癖になっていました(笑)
 
その日の夕飯は少し静かでした。昨日まで3人でワイワイと楽しい夕飯の時間を過ごしていたので、無理もないですね⁉︎アパートに帰って来てからは、何時も3人で一緒に食事をしていたので、久々の2人での食事は何か物足りない気がしました。
 
娘とAちゃんは現在も連絡を取り合っています。住んでいる場所が離れている関係でなかなか会う事が出来ていませんが、次回の再会をとても楽しみにしています。
 

 

おまけ‼︎

 

滞在中、ビックリした事を(常にビックリの連続ではありましたが)書きたいと思いまーす!
 
その1、我々の滞在していた周辺には横断歩道と横断用の信号機がありませんでした。

(他の地域は調べていないので、不明)なので、ドンくさい私が横断する時は、短い足を一生懸命動かして、命がけで横断していました(汗)
 

 
衝撃の街中のATM

 
その2、タイのATMは、日本のATMの様に個室ではなく、普通に剥き出しで街中等にありました(ひぇ〜っ!)そして、派手でした!
 
 
今回のお話はこれでおしまいです。一読頂き、ありがとうございました〜!
次回は”タイ 番外編”を予定しておりますので、此方も楽しみにして頂ければと思います。
  
 

WRITERこの記事の投稿者

ねこママ

親の立場で物申す!

トランスジェンダー(MtF)の母とし第2の人生爆走中!ドキドキ、ワクワク、ハラハラなんでもカモン~ヌ!
 

他の記事を見る