人に恵まれた1年。性性堂々の活動を中心に一年を振り返る

 

TOPICSトピックス

人に恵まれた1年。性性堂々の活動を中心に一年を振り返る

2018.01.12


 
 
どうも、なかけんです。
明けましておめでとうございます。
 
さて、私はいつも年末にその年のことを振り返っては色々と考えるのですが、
やはり2017年は「性性堂堂」の存在が大きかったなぁと思います。

そこで今回は2017年性性堂堂で活動したことを振り返り、自分自身に起こった変化をお話ししたいと思います!
 

 

性の話題に対してオープンになった


私は性の話題をこれまで周りに茶化されたりした経験により、恥ずかしいものだと思い、話すことに抵抗があったのですが、活動で性にまつわる話を真面目に話し合うことで徐々に「恥ずかしいもの」という感覚が抜けていき、自分なりに表現できるようになりました

*私の場合は思い込みによる抵抗感だったため、活動を通し思い込みが解けたという感覚が強いですが、誰しも性に対してオープンになれ、とか性嫌悪はダメなどという事では一切ありません。


 

自分のことを話すことで、自分のことをより認められるようになった


Youtubeを初めて、動画や取材などで自分自身のこれまでの経験をお話しする機会が多くなり、これまではどこか「後ろめたさ」を持った過去が、発信していく事で「自分の過去/今の経験が誰かの役に立っているのかもしれない」という認識に変わっていったような気がします。

勿論、活動を見て下さる方々のおかげでこうした様々なことが出来ているのですが、こういった経験が自分に自信を生むきっかけともなっています。


 

素敵な人達と繋がれた


これが一番大きいかもしれない、いや確実に。

性性堂堂のメンバーは勿論のこと、応援して下さっている方々や、イベントや取材などでお世話になった方など、本当に素敵な方達に恵まれ、繋がっていくことが出来て嬉しいなぁと強く思います。

素敵ってなんだって話なのですが、なんというか寛容で思いやりがあって、だけど自分自身の軸を持っていて、言葉で表現するのは難しいのですが、「相手を受容する姿勢」が自然とできている方々といった感覚でしょうか。


 

日々に楽しみが生まれた・前に出ることが結構好きになった


私はYoutubeを始めた当初は裏方に回るつもりで前に出るなど全く考えてもいなかったのですが、活動をする中で意外と自分の声で、姿で発信することも良いなと思えている自分に気づくことが出来ました

そして、YoutubeSpaceにお邪魔したり、取材を受けさせて頂いたりとこれまでの生活ではあり得なかった様なことを体験でき、日々をワクワクして過ごすことが出来たとも思っています。
 

言ってもまだ8か月程度の活動ですが、このような変化を見て、「本当に濃い時間だったんだなぁ」と感じます。

 
そして、半年以上活動を続けることができ、このような変化を感じることが出来ているのは、何よりも応援して下さっている方々のおかげです。
感謝の気持ちしかないです、本当に。


 
2018年はさらに個人/グループともに飛躍していけるよう、様々な企画を練り、動画投稿にもさらに力を入れていきます。
 
私自身とても楽しみなので、皆さんにも楽しみながらゆるーく応援して頂ければ嬉しいなと思っています。
 
今年も1年どうぞよろしくお願いします!
最後まで見て下さりありがとうございました。



  ◆なかけんさんのおすすめ記事
どの生き方を選ぶも自分の自由。~私はリア充です~
どの生き方を選ぶも自分の自由。~LGBT、LGBT言うけども~
なかけんさんの記事をもっと読む

   

WRITERこの記事の投稿者

なかけん

どの選択をするのも自分の自由。

アセクシャルで、中性・無性を自認。youtuber性性堂堂としても精力的に活動中!

  
他の記事を見る