ノンケも恋愛が大変な時代?

 

TOPICSトピックス

2019.01.26
僕はゲイ友は少なく、おまけにみんな遠方に住んでいるので、ノンケ(異性愛者)の友人と会ったり話したりすることの方が圧倒的に多いです。同年代から年上までいろんなノンケの方と日常的に交流する中で、僕が抱いていたノンケの恋愛のイメージはどんどん崩れていき、「もしかして意外とゲイと変わらない?」とまで思うようになりました。今回はゲイ目線で見たノンケの恋愛事情を語ります。




 

実はみんな恋人が欲しい?



よくテレビなどのメディアではノンケ男性の草食化が話題になっており、「結婚願望がない若者が増えている」なんてニュースも見聞きすることがあります。ところが、ノンケの男性と話していると、確かに女性に気前よく食事をおごったり積極的にアプローチする昔ながらの男性像は消え去っているかもしれませんが、恋人が欲しいと思っている人はかなり多いです


さらに、男女問わず結婚願望があるノンケもたくさんいて、むしろ経済的な事情から「今すぐにはできないけど…」という考えがあるような印象を受けます。「結婚したくない」というより「できない」といったところでしょうか。


また、女性は男性並に所得があって自立している方も増えてはいますが、だからといって「肉食系」というわけでもなく、女性らしく扱ってほしいという思いが少なからずあることも実際の交流の中で感じています。


 

いまを楽しもう



ゲイの間では「友達とセックスしてしまって、よくわからない関係になった」とか、「いまの恋人は体の関係から始まった」なんてことはよく聞く話ですが、ノンケの場合も意外と性的関係からスタートすることはあるそうですよ。



ノンケもゲイも奔放にセックスを楽しんでいる人もいますが、「体の関係で終わってしまう…」と悩んでいる人の方が多いのではないでしょうか。



でも、体の関係を楽しむ時期もそれはそれでいいのかなというのが僕の考えです。そこから関係が発展してもしなくても、いまを楽しむことの連続が心身を充実させ、結果的に素晴らしい巡り合いに繋がるんじゃないかなと思います



ただし、セクシャリティに関わらず性病に関してはしっかりと注意を払い、セーファーセックスを心掛けてくださいね。


 

まとめ



今回はゲイから見た現代のノンケの恋愛や性的関係に注目したゲイとの共通点についてお届けしました。ノンケもゲイも、もしかするといつの時代でも恋愛に関してはみんな同じように悩んだりもがいたりしているのかもしれません。その中でもいまこの時を楽しむことを忘れなければ、きっと素敵なタイミングでいい人と出会えるのではないでしょうか。

WRITERこの記事の投稿者

仲泊

 
ゲイ&ダブルマイノリティのリアル
ゲイとりっぷ!

統合失調感情障害という精神疾患を抱えながら、音楽関連の研究者を目指しているゲイのミュージシャンです。公式ブログもぜひご覧ください!


      
他の記事を見る