半年も続かない…時期別・ゲイカップルが長く付き合うコツ!

 

TOPICSトピックス

半年も続かない…時期別・ゲイカップルが長く付き合うコツ!

2018.10.07


ゲイカップルがあまり長く続かないというのは、ゲイの方なら多くの方が実感していることではないでしょうか。
ノンケ(異性愛者)の方はイメージしづらいかもしれませんが、ゲイの恋愛は1か月や3か月くらいで終わることもしばしば…。

今回は1カ月、3カ月、1年以降の3つごとにゲイカップルの交際の特徴やコツをご紹介します。
 
 

1カ月目は楽しいけど…




ゲイカップルに限った話ではないかもしれませんが、交際して1カ月目はとにかく楽しいものです。しかし、1カ月ほどで別れてしまうゲイカップルが多いのも事実
 
年齢が近かったり性格が似ていたりなど、共通点が多いゲイカップルであれば1カ月目はお互いに同じテンションで楽しめるでしょう。しかし、たとえば歳の差カップルや性格が真逆(インドア派とアウトドア派など)のカップルだと、お互いのテンションに差を感じてしまうことがあります。
 
テンションの差があるからといって、その人と付き合ってもその後うまくいかないなんてことはないです。正反対だからこそ噛み合うゲイカップルもたくさんいますし、歳の差カップルも意外と多いです。
 
交際期間1カ月目は、楽しみながらも相手の性格を理解しつつ、お互いそれぞれのやるべきこと(仕事や勉強など)に集中できる時間も確保することで突っ走り過ぎない付き合いを意識することが大切です
 
 

3カ月目は向き合う時期?




もしかすると、ゲイカップルの交際終了期間でかなり多いのが3カ月かもしれません。それくらい「3カ月」というのは、ゲイカップルにとって山場というか、壁が立ちはだかる期間と言えます。
 
同性間のパートナーシップ制度が各自治体で認められつつある昨今ですが、それでもまだ日本ではゲイカップルが「家族」を意識する機会は少ないですよね。ノンケの場合、年齢によっては付き合ってから少しずつ結婚や家族を意識し始めるでしょうが、ゲイにはそれがあまりないわけです。
 
そして、お互いの将来、目標などがよく分からなくなるのが3カ月という時期なのかもしれません。この時期のゲイカップルは些細な喧嘩で別れたり、喧嘩をしなくとも二人の気持ちにすれ違いが生じているように感じられたりするかもしれません。
 
行く先が不安定なゲイカップルはお互いに不満があるとすぐに別れを選んでしまうことがあります。3カ月の壁で悩んでいる方は、別れる前提での行動ではなく、付き合いたての頃を思い出して末永く付き合っていくための振る舞い、表現、伝え方を考えると良いかもしれません。
 
相手が別れたがっているのに引き止め過ぎると悪印象なのは間違いないですが、様子を見つつ「自分は長く付き合っていきたい。もしお互いにそうなら、今を乗り越えるためにどうするか話したい」のようにしっかり話し合うことは大切です。
 
 

1年以降は「それぞれの形」を意識




3カ月の壁を超えると、意外と半年はあっという間に過ぎ、交際期間1年を迎える可能性がぐっと高まります。
 
個人的には、記念日をあまり気にしないカップルでも1年目くらいはちょっと食事に行ったり、ケーキを買ったりしてもいいんじゃないかなと思います。こういった一つ一つの小さな行動が末永い付き合いを支えるものかもしれません。
 
付き合ってそれほど経ってない期間は、ゲイ友に「今は楽しい時期だよね」、「そんな相手で大丈夫?」などいろいろ言われるかもしれません。しかし、1年を超えたら自信を持って二人の付き合い方のスタイルをさらに確立させていくのが良いでしょう。「友達の話に耳を傾けない」ということではなく、良い意味で「人の話に振り回されない」のが大事です。
 
たとえば、1年に一回は遠出の旅行に行ってみるといった共同作業的な付き合い方や、逆にお互いの趣味に打ち込む時間をそれぞれ確保するなど、ポジティブな意味で距離感を保つ付き合い方のように、様々なスタイルがあります。それを1年以降しっかり作り上げていくことが、さらに長く付き合う秘訣かもしれません。
 
 

まとめ




今回はゲイカップルの交際期間に注目し、1カ月・3カ月・1年の3つの節目に分けてその特徴やさらに長く付き合うためのコツをご紹介しました。もちろん、すべてのカップルがここで紹介した通りというわけではありませんが、もし思い当たることがあって悩んでる方がいれば、この記事が少しでも参考になることを願います!
 

WRITERこの記事の投稿者

仲泊

 
ゲイ&ダブルマイノリティのリアル
ゲイとりっぷ!

統合失調感情障害という精神疾患を抱えながら、音楽関連の研究者を目指しているゲイのミュージシャンです。公式ブログもぜひご覧ください!


      
他の記事を見る