ゲイアプリで「顔写真無しNG」がちょっと損な理由

 

TOPICSトピックス

ゲイアプリで「顔写真無しNG」がちょっと損な理由

2018.07.25

 

ゲイの出会いのメジャーな手段であるゲイアプリは、基本的に顔や体の画像をアップロードしたうえで様々な人のプロフィールを見て出会いを探します。

しかし、意外と風景画などその人についての情報が分からない画像をアップしている方もいて、そのような人はアプリでは「顔写真無しの方はNG」のように少し嫌がられる傾向にあります。

今回はアプリで顔出しをしない、そんな人たちの実情を仲泊がご紹介します。


 

顔出ししない理由


ゲイアプリで顔出しをしない理由は、主に下記の3つに分けられます。
 
仕事柄、あまり顔を知られたくない
なんとなく全員に顔を見られるのは抵抗がある
彼氏持ち
 
①は公務員などの少し堅い仕事に就いている方に多く、恐らく顔出しをしない理由の中で最も多いです。堅い仕事ではなくても、営業職などで顔が広い方が念のため顔出しをしていないというケースもあります。
 
②も①とほぼ同じくらい多いんじゃないかなと僕は思っていますが、ネット上に自分の顔画像をアップロードすると悪用される可能性も確かにありますし、実際に自分の画像を使われて偽のプロフィールでアプリに登録されたという方も見かけました。
 
③は「浮気のこと?」と思われるかもしれませんが、それに限らず、彼氏がいるもののゲイの交友関係があまり無い、彼氏のことについてゲイの人に相談したいなどの理由で顔出しをしていない方もいます。
 
 

丁寧な付き合いができるチャンス?


ゲイアプリで顔出しをしていない方とやり取りをするのに抵抗があるというのは、特に顔出しをしている方からすると当然のことだと思います。自分が顔画像をアップロードしているなら、もちろん相手も顔が分かる状態でやり取りしたいですよね。
 
ただ、顔出ししていない方は先ほど触れたように、仕事が理由という方も多く、別に悪い人だなんてことはありません。むしろ、顔出しに慎重な分、恋人や友人を問わず、丁寧にやり取りや付き合いをしてくれる方が多いという印象すらあります。
 
その点で、最初から自分のプロフィールに「顔画像無い方はブロックします」などと書いてしまうのは、出会いのチャンスが減ってしまってもったいないと僕は思います。
 
とは言っても、もちろん相手の顔が見えない不安も理解できるので、たとえば「やり取りの中で顔画像見せてくださいね」のように、柔らかい口調で顔画像を見せてくれるような表現をする方がいいです!
 
 

素朴な人が多い?


これは僕の経験上の話ですが、顔画像を出していない方はTwitterなどのSNSを使っていないという方が結構いて、良い意味で自己主張をし過ぎない素朴な人が多い気がします
 
もちろん、SNSを積極的に使っているゲイがダメだと言っているわけではありません。ただ、どのコミュニティにも常に「外側」が存在します。ゲイの世界に馴染め、ゲイの友達がたくさんいて、SNSでも多くのフォロワーがいるゲイもいれば、その輪の中には中々入れないゲイもいるわけです。
 
そして、そのどちらかが良い・悪いという問題ではなく、「内側」にも「外側」にもいろんな出会いがあります。内と外を分け隔てる境界線を自ら引くのではなく、そこを行き来するように出会いを探してみるのも良いかもしれませんね。
 
 

まとめ


今回はゲイアプリで顔出しをしていない人の事情や特徴を、経験にのっとってご紹介しました。

いままで顔出ししていない方をNGとしていた方は、ぜひこれを機にちょっとそういった人たちともやり取りしてみてはいかがでしょうか。もしかしたら、そこに運命的な出会いがあるかもしれませんよ!
 

WRITERこの記事の投稿者

仲泊

 
ゲイ&ダブルマイノリティのリアル
ゲイとりっぷ!

統合失調感情障害という精神疾患を抱えながら、音楽関連の研究者を目指しているゲイのミュージシャンです。公式ブログもぜひご覧ください!


      
他の記事を見る