オーストラリアで61%が同性婚にYES!国民投票の結果と関連ツイートまとめ

 

TOPICSトピックス

オーストラリアで61%が同性婚にYES!国民投票の結果と関連ツイートまとめ

2017.11.16
   


こんにちは。佐野です!

2017年11月15日、オーストラリアで同性婚の賛否を問う国民投票の結果が発表されました。
今日は、その結果と関連ツイートをまとめてご紹介します!

 

VOTE FOR YES !


今回の同性婚合法化の賛否を問うオーストラリアの国民投票の投票すは人口の79.5%にあたる1270万人。すべての地域で賛成票が反対票を上回りました。

オーストラリア統計局によると、今回の「同性同士の結婚を容認するために法律を改正すべきか」という内容に対して、「Yes」が61.6%を占め、「No」が38.4%という結果だったそうです。

しかし、これは単なる国民に「同性婚を合法にする法律についてどう思う?」という質問であり、法制度にはまだ向かっていません。
これからオーストラリアの議会で同性婚の法律の制定に関する話し合いが持たれ、早くてクリスマスまでに同性婚が可能になるそうです。

 

スカイニュースの動画の中で「国民は公正さのため、コミットメントのため、そして愛のためにYesと投票した。次は私たち政治家の番だ」とオーストラリアの自由党の党首、マルコム・ターンブル氏は述べています。

 

オーストラリアに対する有名人のお祝いの声

 
レディー・ガガ(アメリカ)
LGBTsに対する支援を表明してきたレディー・ガガ。今回もいち早くツイート!
「オーストラリアが同性婚への圧倒的なYesを投じました。全ての平等へのなんて大きな、重要な一歩なのでしょう!おめでとう!」 
 
レイモンドブラウン(アメリカ)
「オーストラリアが同性婚にYES!」
 
サム・スミス(イギリス)
自身もゲイであり、度々デートの報道等もされているイギリスの人気歌手、サム・スミス。このツイートから興奮がうかがえます!
 
リッキー・ダヴィラ(プエルトリコ)
「同性婚のためにオーストラリアがYesを投じた。LGBTQの兄弟、姉妹たちよおめでとう!愛は勝つ。」

 
エレン・デジェネレス(アメリカ)
アメリカで知らない人はいない人気司会者のエレン。レズビアンで同性婚もしています。
「いい日ね。オーストラリア、よくやった」

 
マイリー・サイラス(アメリカ)
「Yes!!!!!オーストラリア、おめでとう!私たちの歩む全てのステップが、世界を平和へと近づける一歩よ。愛してる!オーストラリアに誇りを持つわ!」

 

他にもぞくぞくと!


有名人のほか、ニュース番組やウェブメディア、企業などがオーストラリアの同性婚への国民投票の結果に対するツイートを続々としています。
           
 

まとめ

  
単なる国民投票ですが、この結果はオーストラリアの同性婚合法化への大きな一歩となるはずです。
これからの動きがたのしみですね!

日本もオーストラリアの波に乗れたらいいなあと思います。

 

WRITERこの記事の投稿者

さのう

LGBTニュース深堀り!
スーパーアライへの道

海外旅行が趣味で、世界中のプライドパレードに参加してみたい!

他の記事を見る

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLGBTメディア|レインボーライフは一切の責任を負いません