広辞苑に載ってるLGBT用語を調べてみた

 

TOPICSトピックス

広辞苑に載ってるLGBT用語を調べてみた

2018.01.21


 

こんにちは。今週も「週間LGBTニュース深堀り!」のお時間がやってまいりました。
今週もリポーターの佐野がお届け致します。

さて、今週の大(?)ニュースといえばズバリ広辞苑の話題でしたね。テレビでも大きく取り上げられていました。今回は、広辞苑のLGBTの定義から、他の語句はどう説明されているんだろうというところまでお伝えできたらと思います!


 

広辞苑「LGBT」項目の修正検討

 


「LGBT」の項目について、修正を検討。 
岩波書店は、1月12日に発売した事典「広辞苑」の第7版に追加した「LGBT」の項目について、「修正を含め、対応を検討している」ことを明らかにした。 第7版では、LGBTについて「多数派とは異なる性的指向をもつ人々。GLBT」と記載していたが、インターネット上で、心と体の性が一致しないトランスジェンダーは、「性的指向とは関係がなく、広辞苑の説明は、誤り」などと指摘されていた。 
1955年に第1版が刊行された広辞苑は、今回10年ぶりの大改訂で、新たに1万項目を追加したという。

出典:ホウドウキョク「広辞苑「LGBT」項目の修正検討
 

 

LGBTの説明が違う!?


今回の広辞苑の10年ぶりの改訂では、25万項目が記載されており朝ドラ、がっつり、婚活など1万項目の新たな語句が追加されました。ところが、新たに追加された"LGBT"に間違いが見つかりました。


LGBT
「多数派とは異なる性的指向をもつ人々。GLBT」


と説明されています。
何が問題かというと、T・トランスジェンダーは性的指向(好きになる性)ではなく、性自認(こころの性)に関わるセクシュアリティであり、決して常に多数派とは異なる性的指向をもつ人々ではないことです。

例えば、男性の身体を持ち女性になりたい、そして男性が好き!となれば、身体の性が属する性を多数派と考えるのであれば異なる性的指向を持つことになります。しかし、本来は女性として男性が好きなのですから、こころの性を基準に考えると多数派と同じ性的指向を持つと考えられます。もちろん、トランスジェンダーの中にもレズビアンやゲイはいるので、当てはまることもありますが、辞書に載せる定義としては正しくないと言えます。

この一見で、マジョリティがいかにLGBTという語句を理解していないかが露呈されたように思われます。だからといって、新しく追加された単語なわけだし、ぞんざいに決定された解釈ではないでしょう。何が言いたいかって、やっぱりまだまだ理解は進んでいないんですよ。


余談ですが、辞書を作るのはとても大変な作業だということは、三浦しをんさんの小説『舟を編む』で読みました。実写化されて映画になったのですが、辞書を作る過程をわかりやすくまとめた映像があったので、ぜひ見てみてください。

 



 

他のLGBT関連の単語はどのような説明をしているのか


このニュースを見て気になったのは、他の単語がどれくらいあるのかということです。 ……ということで、LGBT関連用語を実際に調べてみちゃいました!

※広辞苑第6版より抜粋しており、今回新しく出た7版ではございませんのでご了承くださいませ。

 
 

ゲイ【gay】

ゲイ【gay】 (男の)同性愛者。「‐バー」「‐ボーイ」
 

だん‐しょく【男色】

だん‐しょく【男色】 男子の同性愛。なんしょく。衆道。若道にゃくどう。


レズビアン【lesbian】

レズビアン【lesbian】 女性の同性愛者。レズ。エーゲ海のレスボス島の女性が同性愛に耽ったという伝説による語。
 

レズ【les】

レズビアンの略。
 

りょうせい‐ぐゆう【両性具有】

りょうせい‐ぐゆう【両性具有】リヤウ‥イウ (→)半陰陽に同じ。
 

はん‐いんよう【半陰陽】

はん‐いんよう【半陰陽】‥ヤウ 動物、特に家畜や人での間性かんせい。単なる外見的な異常の場合もある。半陰半陽。ふたなり。両性具有。  
 

せいどういつせい‐しょうがい【性同一性障害】

せいどういつせい‐しょうがい【性同一性障害】‥シヤウ‥ 身体の器官の性と自己認識としての性とが一致せず、強い違和感や不快感が生活する上での困難になっている状態。
 

せいべつ‐とうさく【性別倒錯】

せいべつ‐とうさく【性別倒錯】‥タウ‥ 男性であって女性のように、または女性であって男性のようにふるまう性的倒錯。→性同一性障害。  


せい‐てんかん【性転換】

せい‐てんかん【性転換】‥クワン 生物、一般には動物個体の性が、発生あるいは生育の途上で逆転すること。ベラなどの魚類では、性転換が通常の生理的過程である。環境要因による性転換も知られている。性ホルモンにより性徴の一部が反対性に変化することもある。  
 

じょ‐そう【女装】

じょ‐そう【女装】ヂヨサウ 男が女のよそおいをすること。 


だん‐そう【男装】‥サウ

だん‐そう【男装】‥サウ 女性が男性の姿に装うこと。「―の麗人」  


ジェンダー‐フリー

ジェンダー‐フリー (和製語gender free)社会的・文化的に形成された性差別の克服を目指す考え。  


せい‐じにん【性自認】

せい‐じにん【性自認】 自分が男あるいは女であるという、性別に関する自己認知。通常は、身体的性別と一致する  


せいてき‐しこう【性的指向】

せいてき‐しこう【性的指向】‥カウ いずれの性別を性的欲望の対象にするかということ。対象が異性・同性・両性である場合に、それぞれ異性愛・同性愛・両性愛という。性の好みを表す性的嗜好とは異なる概念。


どうせい‐あい【同性愛】

どうせい‐あい【同性愛】 (homosexuality)同性の者を性的欲望の対象とすること  


いせい‐あい【異性愛】

いせい‐あい【異性愛】 (heterosexuality)異性の者を性的欲望の対象とすること。


ホモ‐セクシャル【homosexual】

ホモ‐セクシャル【homosexual】 同性愛。また、同性愛者。特に男性にいう。ホモ。
 

お‐かま【御釜・御竈】

尻しりの異名。転じて、男色。また、その相手。
 

こい【恋】コヒ

一緒に生活できない人や亡くなった人に強くひかれて、切なく思うこと。また、そのこころ。特に、男女間の思慕の情。恋慕。恋愛。万葉集20「常陸さし行かむ雁もが吾あが―を記して付けて妹に知らせむ」。「―に身を焼く」
 

ゲイ‐バー【gay bar アメリカ】

ゲイ‐バー【gay bar アメリカ】 ゲイボーイが接客するバー。

出典:広辞苑第6版
 
検索結果なし:

LGBT、性的少数者、セクシャルマイノリティ、バイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、FtM、MtF、性別適合手術、無性愛、アセクシュアル、全性愛、パンセクシュアル、Xジェンダー、男の娘、インターセックス、トランスヴェスタイト、ゴーゴーボーイ、ドラァグクイーン


10年前の第6版でも、割とLGBT関連の用語は辞書に載ってました。しかし、比較的最近日本で使われ始めた、元は英語の言葉はさすがに記載されていなかったです。

また、日本語であっても無性愛や全性愛が記載されておらず、そんなに新しい考えなのか……と少し驚きました。



 

巷の反応

 
 
 
 

やはり、社会がLGBTを理解していないことや、もっと他のセクシュアリティもいるよ!という意見、そして【恋】の定義も異性に限るべきではない、変えるべきだ!という意見が目立ちました。


 

まとめ

 

きっと修正されるのだろうな、と思いつつ、今度はどう解釈を付けるのかが気になるところですね。


◆オススメ記事◆
週間LGBTニュース深堀り!~真のだれでもトイレとは~
週間LGBTニュース深堀り!~同性愛は人口減少に繋がるのか?~

「週間LGBTニュース深堀り!」をもっと読む


【議題・ご意見募集中】
Twitterで#週間LGBTニュース深堀りを付けて、該当のニュースと共にツイートしてください。
これぞ……!というご意見をご紹介させていただきます。

 

WRITERこの記事の投稿者

さのう

LGBTニュース深堀り!
スーパーアライへの道

海外旅行が趣味で、世界中のプライドパレードに参加してみたい!

他の記事を見る

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLGBTメディア|レインボーライフは一切の責任を負いません