②大阪旅行でゲイが知っておきたい2つの名所の豆知識~都心部編~

 

TOPICSトピックス

②大阪旅行でゲイが知っておきたい2つの名所の豆知識~都心部編~

2018.02.03
   

 
こんにちは。大阪在住のゲイのライター仲泊です。世界的に注目のスポットが多い大阪は最近特に外国人観光客がとても多いですが、東京に次いでゲイの方も多いです。今回はゲイが大阪旅行を楽しむ際に知っておきたい2つのスポットと、十分に楽しむための豆知識をゲイの視点からご紹介します!
 

 

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)


ハリーポッターエリアの登場で一気に注目を集め、今や「大阪といえばここ!」なのがUSJでしょう。関西では「ユニバ」と呼ぶ人が多いです。そんなユニバは正直なところ、行ってしまえば何だかんだ楽しめますが、ゲイの方はさらに3つのポイントを把握しておくことでよりUSJを満喫できます。
 

ゲイのUSJの楽しみ方①アプリで仲間を見つけておく


関西では特に20代のゲイはユニバの年間パスポート(年パス)を持っている方が結構いるので、「一人旅だけどUSJも行ってみたい…」と考えている方は、ゲイアプリを活用して一緒に行ってくれる人を探してみましょう!ゲイアプリのプロフィールに「ユニバ年パス有り」なんて書いている人も多いので、行ってくれる方は意外と見つかりやすいと思います。
 

ゲイのUSJの楽しみ方②3回以上行くなら年パスを買う


ニュースでも取り上げられましたが、2018年1月31日販売分より、USJの1日券である「1デイ・スタジオ・パス」は7,900円に値上がりします。一方、1日券の約3回分に相当する年パスの価格は据え置きの予定なので、1年に3回以上大阪やUSJに行く機会があるゲイの方は年パスを買うことも検討しておきましょう。
 

ゲイのUSJの楽しみ方③割引制度を活用!


こちらは身体や精神等のいわゆる「障がい者手帳」を持っている方に限られる話ですが、実はUSJの1日券は手帳の提示で通常の半額程度で購入できます。また、同伴者1名まで同じ料金で1日券を購入することができます。
あまり病気のことは一緒に行く相手に知られたくないゲイの方もいらっしゃると思いますが、心配ありません!実は障がい者向けのスタジオ・パスはJRのみどりの窓口などでも購入できるので、事前に買っておけばUSJの販売窓口で手帳を出す必要はありません。
 

【参考サイト】
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン公式ホームページ
チケットの販売場所(USJ公式サイト)


 
 

ここは大阪!?中之島エリア

 



関西以外の方はあまり知らないかもしれませんが、大阪には「水都」をテーマに打ち出した中之島というエリアが存在します。オフィス街の中に伝統的な建築物や科学館などがあり、整備された公園にお洒落なカフェもたくさんあります。そんな中之島をゲイが楽しむポイントを解説します。
 
 

ゲイの中之島の楽しみ方①宿泊先にする


中之島周辺には京阪、大阪市営地下鉄御堂筋線、堺筋線などがあり、非常に便利な立地でゲイの宿泊先としてもお勧めです。御堂筋線ではゲイが多く集まる梅田や心斎橋などに移動しやすいですし、京阪では大阪側の終点淀屋橋から京都の祇園四条まで一本で行けます。観光客が増え、京都方面の京阪特急は最近途中駅で乗ると座れないことがよくありますが、終点淀屋橋からなら確実に座れます。特に大阪だけでなく京都も楽しみたいゲイの方にとっては、中之島周辺は最適な宿泊場所と言えます。
 

ゲイの中之島の楽しみ方②昼間の散策が楽しい!


中之島エリアはとにかく街並みが綺麗なので、一人旅で来たゲイの方はぜひ晴れた昼間に散策してみてください。オフィスに紛れてユニークなカフェや川沿いのレストランなどお洒落なお店がたくさんあるので、よさそうなお店をチェックしつつ、ゲイアプリでお茶や食事に付き合ってくれる人を探しておいてもいいですね。
 

ゲイの中之島の楽しみ方③徒歩で他のエリアに行ってみる


もし、ふら~っと大阪に一人旅に来て、時間もあるし長時間歩くことに抵抗がないというゲイの方は、中之島から他の有名エリアに徒歩で行ってみるのもお勧めです。歩く速度によりますが、実は中之島エリアから梅田や心斎橋まで徒歩で20~30分くらいで行けます。特に交通費を節約したいというゲイの方は、中之島を中心に徒歩で移動することで、オフィスから商店街・繁華街へ移っていく大阪のいろんな姿を楽しめて一石二鳥ですよ。
 
【参考サイト】
中之島地域情報サイト「中之島スタイル.com」
大阪市花と緑の情報サイト「中之島公園」
 
 

 

まとめ


USJは一人旅であってもゲイアプリを活用することで一緒に行く仲間を探すことができます。また、中之島はお洒落な街並みだけでなく、各所へのアクセスも便利というメリットがあるので、宿泊先の候補としてぜひ検討してください。
 

 

WRITERこの記事の投稿者

仲泊

 
ゲイ&ダブルマイノリティのリアル
ゲイとりっぷ!

双極性障害を抱えながら通信制大学に通う20代のゲイ。将来は音楽に関する研究者を目指しており、公式ホームページで音楽活動も展開中。

      
他の記事を見る

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLGBTメディア|レインボーライフは一切の責任を負いません