ドラァグクイーンとは?

 

TOPICSトピックス

ドラァグクイーンとは?

2017.10.16


ドラァグクイーン
 
この言葉を聞いたことがある方はどれくらいいるでしょうか?

初めて聞いた!という方もおそらくたくさんいるだろうと思います。というわけで、今回はこの「ドラァグクイーン」についてご紹介します。


 

ドラァグクイーンとは


では、改めて、ドラァグクイーンとは何でしょうか?Wikipediaでは、ドラァグクイーンが以下のように説明されています。
 


“ドラァグクイーンの起源は、男性の同性愛者が性的指向の違いを超えるための手段として、ドレスやハイヒールなどの派手な衣裳を身にまとい、厚化粧に大仰な態度をすることで、男性が理想像として求める「女性の性」を過剰に演出したことにあるといわれる。
本来はサブカルチャーとしてのゲイ文化の一環として生まれた異性装の一つであるため、ドラァグクイーンには男性の同性愛者や両性愛者が圧倒的に多い。しかし近年では男性の異性愛者や女性がこれを行うこともある。また趣味としてこれを行う者からプロのパフォーマーとして活躍する者まで、ドラァグクイーンの層も厚くなっている。“ 

(出典:Wikipedia ドラァグクイーン


どういうことかというと、つまりドラァグクイーンとは基本的に派手な女性装をした人のことです。上記のWikipediaの説明にも書いてありますが、ドラァグクイーンは元々、サブカルチャーとしてのゲイ文化の一環として生まれたものなので、ドラァグクイーンの中にはゲイもしくはバイセクシュアルの男性が多くいます。
 
ですが、中には女性のドラァグクイーンの方もいます。女性が女性装をするの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。写真でみると分かりやすいのですが、ドラァグクイーンの方々は主に「ドラァグメイク」とも言われる、とても派手な化粧をしています。

下の写真はカナダ・トロントのプライドパレードの時に会場で見かけたドラァグクイーンさん達です。
 
 
 



皆さん独特のメイクをしていますよね。

多くの女性が普段するような「ナチュラルメイク」とは全く異なるド派手なメイクをすることがドラァグクイーンの特徴です。こうすることによって、素顔が分からないようにしています。
 

 

ドラァグクイーンとMtFトランスジェンダーの違い


MtFトランスジェンダー(男性の身体で生まれ、女性自認を持つ方)とドラァグクイーン、何が違うのかという疑問を持つ方もいるかもしれませんね。
 
MtFトランスジェンダーの方とドラァグクイーンの大きな違いは、ドラァグクイーンはあくまでパフォーマンスとしての女装で、女性のパロディのようなものであるのに対し、MtFトランスジェンダーの方はパフォーマンスではなく、自分を女性として認識し、完全に女性として見られることを目的として女性の衣服を身にまとっているという点です。
 
本来、MtFトランスジェンダーの方が女性の衣服を身にまとうことは女装ではありません。なぜなら、MtFトランスジェンダーの方は女性として女性物の衣服を身にまとっているからです。女性が女性物の衣服を身にまとっていても、それを「女装」と呼ぶことはないですよね。
 
一方ドラァグクイーンは、パフォーマンス、もしくは仕事として女装(主にはド派手な女装)をします。そしてドラァグクイーンの方の多くは男性自認を持つ男性(※シスジェンダー男性)です。自分を男だと思っているため、パフォーマンス/仕事の時以外は男性の格好をします。
 
女装をしているために、「女性になりたいのかな?」と思われがちですが、ドラァグクイーンの女装はあくまで外向けのパフォーマンスなので、彼らは「女性になる」ことを望んでいるわけではありません
 

 

日本のドラァグクイーン

 
上の写真では、海外のドラァグクイーンの方をご紹介しましたが、日本にはどんなドラァグクイーンがいるのでしょうか?というわけで、日本のドラァグクイーンの有名人を何人か見ていきたいと思います。
 
・マツコ・デラックス
・ミッツ・マングローブ
・ブルボンヌ
・ダイアナ・エクストラバガンザ
・ナジャ・グランディーバ
・エスムラルダ
・マーガレット
・バビ江ノビッチ

 

マツコ・デラックス


言わずと知れた超有名女装家。冠番組をいくつも持ち、CMにも多数出演中。
 

ミッツ・マングローブ


德光和夫の甥であり、「女装家」という言葉の生みの親。
ヒルナンデス!など多くのテレビ番組に出演。
 

ブルボンヌ


有吉反省会などのテレビ番組に出演。
新宿2丁目のCampy!barをプロデュースしている有名ドラァグクイーン。
 

ダイアナ・エクストラバガンザ


銀座の高級クラブに勤務するドラァグクイーン。
行列のできる法律相談所などのテレビ番組にも出演。
 

ナジャ・グランディーバ


関西を拠点に活動するドラァグクイーン。
テレビ番組にも数多く出演している。
 

エスムラルダ


ブルボンヌプロデュースの新宿2丁目Campy!barのキャストとしても活躍するホラー系ドラァグクイーン。
2017年の東京レインボープライドステージの司会も担当。
 

マーガレット


ドラァグクイーン界の大御所。
デパートメントHの司会などを務める。
新宿2丁目新千鳥街でブックカフェ「オカマルト」の経営も行っている。
 

バビ江ノビッチ


テレビ出演歴もある有名ドラァグクイーン。
ドラァグクイーン×伊勢丹のイベントにもゲストとして出演。
 

ミッツ・マングローブさんが生んだ「女装家」という言葉が最近では浸透してきていますが、ドラァグクイーンという言葉を知らない方もまだまだ多いと思うので、初めてドラァグクイーンを見た・知ったという方には「女装家」という表現の方がわかりやすいのではないかと思います。
 
テレビやステージに出る際は皆さん女装した状態なので、「この人は女になりたいのかな?」と思う方も多いかもしれませんが、始めのWikipediaの説明にあるように、ドラァグクイーンは男性同性愛者の女性装が起源になっているといわれており、基本的には皆さん自分のことを男性だと認識しています。(女性のドラァグクイーンはまた別です)
 
 
今は「オネエタレント」というくくりで、ドラァグクイーンの方、ゲイの方、トランスジェンダーの方など、様々なセクシュアリティの方がテレビに出演されているので、ごちゃ混ぜに考えてしまっている方も多いかと思いますが、「オネエタレント」のくくりの中には実はたくさんのセクシュアリティが含まれています。(※「LGBT層の芸能人をセクシュアリティ別にまとめてみた」参照
 
ドラァグクイーンという言葉とその意味を知ると、オネエタレントの中でのセクシュアリティの違いが少しわかりやすくなるのではないでしょうか。「オネエタレント」というくくりに苦しむ方もいるので、その裏にあるセクシュアリティの違いを多くの方に知ってもらえると嬉しいです。


 

ドラァグメイク〜ビフォー・アフター〜


はじめにご紹介した写真からもお分かりかと思いますが、ドラァグクイーンのメイクは「ナチュラルメイク」とは全く違う特徴的なものです。Instagramなどでも時々ドラァグクイーンメイクの様子を撮った動画が上がっていますが、そのメイクテクニックには本当にすごいです。
 
実際に写真をお見せした方がそのすごさが伝わると思うので、ここで2枚ほどご紹介します。
 
以下は半分だけドラァグクイーンのメイクをした方々の写真です。
 

どうでしょう?すごいと思いませんか?
 
肌の陰影のつけ方といい、アイメイクといい……。様々なハイライトやファンデーションを駆使して肌のトーンを作りあげています。高度なメイク技術にひたすら圧倒されてしまいます。
 
メイクに興味のある方は、ドラァグクイーンメイクの仕方を動画で見てみるといいかもしれません。メイクってすごい……と改めて感動しますよ!
 

 

ドラァグクイーン×新宿伊勢丹のファッションパレード


最近のドラァグクイーンにまつわる世間の動きとして、10月14日(土)に新宿で開催された、「PINK FOR ALL! ファッションパレード」があります。
 
これは、「新宿まちフェス 2017」という『世界でいちばん多様性に寛容なまち』をテーマに、新宿エリアの魅力を発信するイベントの一環で行われたパレードです。
 
「PINK FOR ALL ファッションパレード」は、なんと伊勢丹が企画した、ドラァグクイーン×伊勢丹新宿店という異例のイベント。 (出典:Fashionsnap.com News) 
 
当日はテーマカラーのピンクの衣装に身を包んだドラァグクイーンさんたちが新宿通りを笑顔で歩き、沿道には多くの見物客が!

 

 (旗を持ったドラァグクイーンさんを先頭にパレードスタート!)
 

(華やかなピンクの衣装に身を包んだドラァグクイーンの皆さん。マーガレットさんの姿も!)
 
林家ペー&パー子さんや、元フジテレビアナウンサーの阿部知代さんも参加していました。
 

(笑顔で歩く林家ペー&パー子さん。) 

 
小雨の中でも、華やかなドラァグクイーンさん達を見るため、たくさんの人たちが足を止めていましたよ。どの方もそれぞれ個性的でファッションやメイクをされていて、とっても素敵でした!
 
こういったイベントが開催されるのと共に、ドラァグクイーンという言葉の意味ももっと浸透していけばいいなと思います。

 
 
Earth Technologyのオフィスレンタル

WRITERこの記事の投稿者

山梨


アライ日記


ストレートアライ。幼少期に男子のような洋服を好んで着ていたため、男子によく男子に間違えられていた。最近では、文京区にて交流会を開催中

他の記事を見る