ボーイズラブ VS ゲイライフ!ゲイがBL作品と実際のゲイライフを比べてみた

 
笑美面

TOPICSトピックス

ボーイズラブ VS ゲイライフ!ゲイがBL作品と実際のゲイライフを比べてみた

2018.06.23

 

BL(ボーイズラブ)」や「腐女子」といった言葉が知られるようになった昨今、特にファンというわけでもないけど漫画などBL作品に触れたことがある方も増えているでしょう。

今回は実際にゲイである仲泊が一般的なBLと実際のゲイカップルを比較してみます。
 
 

BLとリアルゲイの比較①セックスシーン


いきなり生々しいですが、BL作品では結構勢いでセックスに発展することが多いですよね。ところが実際のゲイのセックスでは「本番」まで行く場合、ウケがお尻をしっかり洗っておくなどの準備の必要があります。
 
BL作品で腸内洗浄の場面があったらそれはそれでちょっと興ざめかもしれませんね笑

でも、ゲイのセックスはウケがお腹の調子を整えたり洗ったりとかなり大変なステップを経る必要があるということは、是非ゲイでない方に知っておいていただきたい知識です。
 

 

BLとリアルゲイの比較②正反対系カップル


BL作品では、たとえば男らしいタチとかわいらしいウケのように、正反対のカップルが描かれることがよくありますね。でも実際のゲイカップルは結構同じ雰囲気の人が多いです。
 
というか、ゲイの世界は「短髪ヒゲでがっちりした感じ」が一番モテるということもあり、そういうスタイルでいる方が多いんです。そのようなゲイは「イカニモ系」などと言ったりしますが、もちろんイカニモでないゲイもたくさんいます。
 
その点では、BLで描かれることが多い異色の組み合わせはちょっと非現実的な面もあるけど、多様性があって面白いし理想的だよなあと感じます。
 
 

BLとリアルゲイの比較③出会いの場


職場や学校などでストーリーが繰り広げられることが多いBLですが、実際にはそのような場所で偶然にゲイ同士が知り合うことは滅多にありません。もちろん同じ職場や学校にゲイの方が何人かいる可能性はありますが、少なくとも日本ではそのような場でセクシャリティをカミングアウトしている人はまだ少ないですし、カミングアウトしやすい環境も整っていません。
 
それじゃあ実際のゲイの出会いの場はどこかというと、最近ではもっぱらゲイアプリが多いです。インターネットは常にゲイシーンの出会いを支えてきたこともあり、ネットを通して出会ったというゲイカップルはかなり多いですよ。
 
でも、職場や学校で気軽にセクシャリティについて話せ、そこでノンケ(異性愛者)のような出会いがあればとても幸せですよね。
 
 

BLとリアルゲイの比較④複雑な人間関係


①から③まではBLとリアルなゲイの相違点について比較してきましたが、最後は「人間関係の複雑さ」という共通点に触れます。
 
ドラマチックなBLほどいろんな人間関係が交錯したり、カップル同士で何か事情があって葛藤に苦しむなどの心にグッとくるストーリーが多いですが、実際のゲイやゲイカップルもそういう傾向があるかなと感じます。
 
実際のゲイカップルは先ほど述べたとおり、ネットを通して出会うことが多いですが、それに加えて男女より出会ってから付き合うまでの間隔が短いことが少なくありません。そうなると付き合ってからお互いの知らない部分がいろいろと見えてきたり、男女以上にセックスレスに深刻に悩んだり、すぐ別れちゃったりとカップル同士だけでもいろんな困難が生じます。
 
また、ゲイ友との浮気や三角関係なども時々見かけるので、現実はBLよりドラマチックで激動的かもしれませんね。
 
 

まとめ


以上、BLと実際のゲイの比較をしてみましたが、BLにはゲイの方が制作したリアルなゲイライフに近い作品もあります。あくまでも今回はBL全般とゲイの傾向の比較です。

ただ、BLからリアルなゲイライフに興味を持った方はぜひこの記事で両者の違いや共通点を知っていただければ幸いです。また、本サイトでは仲泊が「ゲイ&ダブルマイノリティのリアル」という連載記事を執筆していますので、そちらもぜひ目を通してみてくださいね!


 

WRITERこの記事の投稿者

仲泊

 
ゲイ&ダブルマイノリティのリアル
ゲイとりっぷ!

双極性障害を抱えながら通信制大学に通う20代のゲイ。将来は音楽に関する研究者を目指しており、公式ホームページで音楽活動も展開中。

      
他の記事を見る