えるてき!長く続くカップルが気をつけている4つのポイント

 

TOPICSトピックス

2017.07.23

えるてき!長く続くカップルが気をつけている4つのポイント



女好き度なら誰にも負けない!
・・・なんて星の数ほどいるレズのひとり。
生まれてこの方ずっとレズ。
日々女性を熱っぽい目で見つめる
ワタクシにこちゃんがL的な角度から日々の出来事を綴ります!
 
 恋もして~仕事して~歴史刻んだ地球♪21世紀にLOVEレボリューションが起きても、末永く幸せなお付き合いをしたい気持ちは今も昔も一緒のまま。
 そこで今回のL的は、えるてき!「長く続くカップルが気をつけている4つのポイント」をお届けするにこー!

 

□長く続くカップルが気をつけている4つのポイント(にこと彼女の場合)


 はーい、今回は「人による」「相性による」なんてしゃらくさいことは抜きにして、にこのうちがどうやって長く関係を続けたのかについて具体的にいっくわよー!
 同棲した途端に破局もありえる共同生活。にこたちも紆余曲折あったにこ~(汗)
女と女が一つ屋根のしたで一緒に暮らしていくんだもの。とってもぴったりマッチすることもあれば、火花散らす時もあるよね。にこ的に押さえておくべき4つのポイントは・・・
 
その1 生活上の実務は長所でカバー。
その2 モチベーションは絶対必要。
その3 夜の営み的に、週に2回はいちゃいちゃする。
その4 外交問題は、基本的にオープン気味。
 
この4つよ!さーあ、このスーパーなにこにーが教えちゃうわよー!

 

□その1 生活上の実務は長所でカバー


具体例:掃除、洗濯、料理、ごみ捨て、買い物(日用品、食品、耐久家財など)、契約(家、保険、インターネット、電気ガス水道)、寝室および個室の有無、
 
 これはマイナスをゼロにする系のタスクね。放っておいたらお部屋は散らかり放題になっちゃうでしょ。毎日気持ちよく暮らすために、当たり前にやり続ける作業を、さてさてどちらがどのくらい負担するのか、ってこと。
 これね~我が家では完全に出来るほう、得意なほうがやる。できるし得意だからこそ、不当に自分ばかりがやっているとは思わない。なんならたまに手伝ってもらえるとめちゃくちゃ感謝したりして。
 だからまったく平等に割り振ってないの。トイレ掃除も、部屋の掃除も、家の手続きもにこちゃんが担当。
 けど、自立している大人同士だから、自分の洗濯や散らかしたものは自分で片付けてるわね。だって相手はお母さんじゃないでしょ?女同士で暮らしている以上、共働きはマストなわけだし。だから案外生活の面では話し合わなくてもすんなり役割分担は決まったな。

 

□その2 モチベーションは絶対必要


具体例:楽しく会話ができる、心落ち着ける、否定しない、味方でいてくれる、尊敬できる気持ち、好きでいられる
 
 にっこにっこにー!は元気の魔法なの。元気だからにこにこじゃないの、にっこにっこにーするから元気になれるの。それを教えてくれたのはパートナーの彼女さんだったわ。だから、モチベーションの維持はゼロをプラスにしていく系のタスク。そしてほぼ彼女さんがやってくれてるのよね。
 彼女さんはね、朝起きた瞬間から元気100%でマシンガントークが始まるのよ!笑い声が部屋中に響き渡るの。にこちゃんが「うん」を言う間にペラペラペラペラ~~っと話題が次から次へと出てくる。
 だからにこが疲れてたり、テンションが低くてもお構いなし(笑)あいづち打つ間にこっちまで元気になっちゃう!ついつい楽しい会話のペースに巻き込まれちゃうのよね~。
 あとは、お互い決めたわけじゃないけど、相手が何か落ち込んでいたり、どうしても話を聞いて欲しそうにしてたら、多少疲れていても手を止めて、椅子並べて、スイカでも食べながら話しを聞くようにしてるかな。
また明日から頑張ろうって思えて、元気くれてありがとうって自然と感謝の気持ちが湧き出る、そんなモチベーションが続いてるからこそ長続きしてると思うの。
 愛情感じてみたり、友情感じてみたり、つまりはこれからもどうぞよろしくね♪
 
 
□その3 夜の営み的に、週に2回はいちゃいちゃする。

具体例:セックス、セルフプレジャー
 
 ゼロをプラスにするタスク、もっといえば、マイナスをプラスにできちゃう劇薬。それが夜の営みのオモシロさと恐ろしさ。
 友達と恋人の大きな違いよね。にこのうちでは、セックスレスは考えられないにこ。具体的にはセックスは週2くらいの頻度なんだけど、セックスは体を使ったコミュニケーションなの。
 それは、抱きしめ合うだけでもいいの。世界で一番大切な人とする親密な身体的コミュニケーションなら、それがセックス。たとえばベッドの上で。背中から抱きしめられてひそひそ話をするなんて、誰とでもすることじゃないじゃない?その身体的なふれあいをしたい・されたいと想い合えることが、恋愛感情か友情かの違いだもの。
 日本性科学学会では「病気など特別な事情がないにもかかわらず1ヶ月以上性交渉がないカップル」をセックスレスと定義してるにこ。仕事が忙しい、休日も趣味などで多忙な現代の日本人にとって、1ヶ月なんてあっという間。1ヶ月セックスレスなんてそこら中にいるにこ~(困)
 だから、ラブみを高めあう交わりを週に2回はするようにしてるな。にこはバリタチだから、誘うのが多いけど、たまーに彼女さんから誘ってもらえると燃える燃える(笑)
 そしてなんといっても、セルフプレジャーも大事にこっ!セルフプレジャーは最近できた言葉で、マスターベーションのこと。
自分の身体を自分のものにする、自分の性を自分のものにする。だれかの言いなりや従属した人生を送るのではなくて、自分を幸せにするのは自分だ!という主体性はセルフプレジャーによって始まるといっても過言ではないわ!長く続くために、自分が踏み込まない相手の性の領域も必要ね。
 
 
□その4 外交問題は基本的にオープン気味

具体例:友達・家族・職場・ご近所さんにふたりの関係をどう説明するか。
 
 にこたちビアンにとっての難所になるのが、世間にどう説明するかってこと。友達?同居人?ルームメイト?ホント、L的な悩みよね~!遊びに来てくれる友達や家族にどう紹介する?隣近所は、どうしてもうっすら気付くじゃない、ただの友達じゃなさそうだなって。仕事や友達関係の、パートナー同伴の場をどうする?
 これは何気にマイナスをゼロにするタスクと見てるわ。だって、放置するとマイナスになっちゃうの。友達には「付き合ってる人がいるっぽいけど詳しい話はしてもらえない・・・わたしとは仲が良くないから話してくれないんだな・・・」って思わせちゃうし、家族には将来の不安を抱かせちゃう。自分の娘は、自分がいなくなった後ひとりで生きていくのかしら、なにかしてあげられないかしらって。ご近所さんは、生活音やたまに会うときの様子で、なんだか女同士で暮らしていて怪しいな、と思わせちゃう。
 だから我が家でなんとなくできた線引きはね、お互いの友達には恋人として紹介OK。家族には付き合っている女性がいて、どのような人かの説明はOK。ご近所さんにはオープンにはしないけど、できるだけにこやかにご近所付き合いをしておくようにする。職場では、付き合ってる女性がいるという説明にとどめて、個人情報はオープンにしないの。
 
 
 以上が、我が家で実践しているさっぱりとした関係が長続きするポイント4つ。
 どのカップルもそうだけど、なんだかんだでもちつもたれつで続いてきた感あるわね~。
 
 じゃ、今回のえるてきはここまで!みんなともにっこにっこにーで長く一緒にいられるように!またねー
 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLGBTメディア|レインボーライフは一切の責任を負いません