世界のプライドパレードを覗いてみた【プライド月間】 / スーパーアライへの道|LGBT|セクマイ情報サイト 全国の店舗・団体の検索・予約も!

 

TOPICSトピックス

2017.07.03

世界のプライドパレードを覗いてみた【プライド月間】 / スーパーアライへの道


 
こんにちは!
私も海外へ行きたい。佐野でございます。

6月のプライド月間、先週末には世界各地の都市でプライドパレードが行われました。
※カナダ・トロントのプライドパレードにスタッフが行ってきた記事はコチラ

私も行きたかったのですが、残念ながら行くことは叶わず……。

そこで本日は、いろいろな国のプライドパレードの様子をインスタグラムの写真と共にお届けして、皆さんと世界をちょっぴり旅した気分になろうと思います!

 

なぜ6月がプライド月間?

まず、みなさんはなぜ6月がPride Month (プライド月間)と呼ばれているのかご存知でしょうか。

そのことを語るためには、1969年6月28日のニューヨークまで歴史を遡る必要があります。

この時代のアメリカでは、州によっては同性愛行為は違法とされ、刑罰の対象とされていました。そのため当時、警察官はゲイバーに踏み込み捜査を行っていました。1969年6月28日、この日も同じようにゲイバーに警察官が踏み込み操作を行いました。そのバーこそ、ニューヨークのゲイバー、ストーンウォールインでした。

この強制捜査がきっかけで、シルヴィア・リベラさん(トランスジェンダー)やマーシャPジョンソンさん(ドラァグクイーン)を筆頭に「ストーンウォールの反乱」と呼ばれる、同性愛者とトランスジェンダーたちによる警察に対する暴動が起こりました。この暴動は、同性愛者とトランスジェンダーが初めて警察に立ち向かった事件になります。

この事件は3日間で沈静化しますが、セクシュアルマイノリティたちがコミュニティを形成する大きなきっかけとなり、1年経った1970年に反乱1周年を記念してニューヨークでデモ行進が行われます。これがニューヨークプライドパレードの前身であり、それから世界各地でパレードが広まってゆくに至ったのです。

北米では6月をプライド月間と位置づけ、プライド月間の最終土曜日と日曜日に毎年プライドパレードを行っています。しかし、日本や台湾のように、プライド月間ではない時期に行う国と地域もあり、今ではプライドパレードはいろいろな時期に楽しむことができます。

また「レズビアン・ゲイ・バイセクシュアルは性指向の話で、トランスジェンダーは性自認の話だから一緒にするのは……」といった話をところどころで耳にしますが、トランスジェンダーがきっかけで今のLGBTコミュニティが存在しているのです。この事件がなかったら、プライド月間はおろか、LGBTという単語も存在していなかったかもしれないのです。


プライド月間の由来が分かったところで、世界各地のプライドパレードの様子を見てみましょう。


 

イタリア・ローマ


イタリアの首都・ローマで2017年6月10日に行われたプライドローマ。コロッセオの隣をパレードが行進する様子は圧巻です!

イタリアはヨーロッパの国の中でも同性婚が認められたのが2016年とかなり遅い方でしたが、街は大盛り上がりのようでした。


 
 

matAleさん(@bunnymun)がシェアした投稿 -

 
 

maurimovieさん(@maurimovie)がシェアした投稿 -

   
 

イスラエル・テルアビブ

 
中東は同性愛が刑罰の対象になっている国が多いので、イスラエルもそうかと思っていましたが……実はとってもゲイフレンドリーな国なんです!

イスラエル国内ではまだ同性結婚はできませんが、他国で婚姻関係を結んだ場合にイスラエルでもその婚姻関係を適用することができる制度があります。つまり、海外で同性結婚をしてイスラエルに戻ってくれば、同性でも婚姻関係が認められるのです!新しい!

また、今年のパレードには20万人を超える人々が参加をしたそうです。

 
 
 
 

gal efratyさん(@galefraty)がシェアした投稿 -

 
 

gal efratyさん(@galefraty)がシェアした投稿 -

   

 

イギリス・ロンドン


ロンドンでは、今がまさにプライド週間!2017年6月24日~7月9日までに様々なイベントが行われ、パレードの本番は7月8日の土曜日だそうです。

また、8日と9日にはステージで大きなイベントも行われるようです。

 
 
 

Lindaさん(@linda_cuppa)がシェアした投稿 -

 
 
 

フランス・パリ


2017年6月24日に行われたパリのプライドパレードは、今年でなんと40周年!

「40年のパレード、40年の闘い」をスローガンに、歴史的な建造物に囲まれた道を進む人々。最後はデモの際に人が集まることで有名な革命の地、レピュブリック広場でパレードが終わります。

 
 

sylvainjさん(@sylvainjbd)がシェアした投稿 -

 
 
 

Emma Biderさん(@bideremma)がシェアした投稿 -

 
 
 

アメリカ・ロサンゼルス


ロサンゼルスは6月6日から11日までをプライド週間とし、さまざまなイベントが開催されていました。

11日にはレジストマーチ(抵抗の行進)と名打って、トランプ政権への反対意思を示していました。

 
 

carlosさん(@ceoc723)がシェアした投稿 -

 
 
   
 

カナダ・トロント

 
北米最大とも言われるトロントプライドパレード。

カナダの首相ジャスティン・トルドー氏が去年もプライドパレードに参加していて話題になりましたが、今年ももちろん参加!LGBTフレンドリーな国ですね!

 
 
 

@kouichiro_moriがシェアした投稿 -

 
 
   
 

アメリカ・ニューヨーク

   
言わずもがな、プライドパレードの発祥の地のニューヨーク!

 
 
 
 
 
 

Vogueさん(@voguemagazine)がシェアした投稿 -

 
 

Vogueさん(@voguemagazine)がシェアした投稿 -

 

 

まとめ


いかがでしたか?

世界各地に点在するプライドパレード。
規模が大きく、写真から楽しそうな雰囲気が伝わってきますね!
いつか世界各地のプライドパレードに参加してみたいものです。

7月15日、韓国クイアカルチャーフェスティバルの韓国プライドパレードに参加が決定しました!
Youtubeで生放送も行いますので、ぜひご覧ください^^



 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してレインボーライフは一切の責任を負いません