【韓国プライドパレード】韓国クィアカルチャーフェスティバル【ブース写真レポート】|LGBT|セクマイ情報サイト 全国の店舗・団体の検索・予約も!

 

TOPICSトピックス

2017.07.18

【韓国プライドパレード】韓国クィアカルチャーフェスティバル【ブース写真レポート】


皆さんこんにちは!
韓国から帰ってきてもずっと辛いものが食べたくて仕方ない山梨です。
 

【韓国プライドパレード】韓国クィアカルチャーフェスティバル【写真レポート】でもお伝えした通り山梨・佐野は2017年韓国クィアカルチャーフェスティバルに参加して参りました。

 
【韓国プライドパレード】韓国クィアカルチャーフェスティバル【写真レポート】ではパレードの様子を中心にお伝えしましたが、ここではパレード前日の開幕式の様子と、パレード当日のブースの様子をお届けします!
 

開幕式はパレード前日の夜7時半過ぎから行われました。
 
私たちは7時過ぎくらいに会場に行ったのですが、その時点では会場はガラガラ。ブースはまだ全て空で、人もちらほらとしかいませんでした。
 

にも関わらず、警備隊だけはしっかりいました。
 

 
会場には立派なステージが設置され、撮影用カメラもプロ仕様

 
開幕式が始まると、ステージでは韓国のアーティストが登場し、歌を披露。
 

 
その後は世界各国の関係者から自国の状況報告と韓国のプライドパレード開催を祝福する言葉が送られました。
 



 
カナダ、オランダ、アイルランド、アメリカ、イギリスなど、様々な国の関係者が来ていましたが、各国の状況を聞いていると、やはり欧米は進んでいるなあと改めて感じました。
 
各国関係者の登壇後は、再度韓国のアーティストが登場し、歌やダンスを披露。
 
想像していたよりも来場者が少なかったため、「これでパレード大丈夫なのかな?」と正直不安になってしまいました。
 
そしてパレード当日。
 
【韓国プライドパレード】韓国クィアカルチャーフェスティバル【写真レポート】でお伝えした通り、この日の昼間は大雨。。。
 

私はカッパを着ていましたが、それでも足元はぐっしょり。会場の芝生もベチョベチョに。。。
 
それでも、前日の不安とは裏腹に会場は満員!!
 
あまり動くと他の来場者の傘がぶつかったりして危ないので、少し雨が弱くなってから、ブースを見て回りました。
 
カラフルなドリンクを提供しているブースや、キャンドルを置いているブース、レインボーな扇子を置いているブースなんかもありました。






 
軍隊の制服にペイントを施したものも。
会場の中でも一際目立っていました!
 
 

テレビのインタビューを受ける方も。
 

ウェディングドレスが素敵でした。
これ、実はベールがレインボーになっているんです。
細部までこだわってますね!
 

 
キリストの格好をした方もいました。
 

これだけ盛り上がっていても、会場の外を囲む仕切りの外には、ヘイト集団がプラカードを掲げて反対の意を示していました。
 

パレード本場になっても、警察が人垣を作ってパレード団体を警護。警察の人垣のすぐ外にはヘイト集団がいました。
 
しかし、パレード自体が妨害されることはなく、スムーズに行進できました。
(昨年はヘイト集団によってパレードが妨害され、パレード隊が数時間立ち往生したそうです)
 
韓国のプライドパレードではヘイトの強さが特徴的と聞いていましたが、実際にヘイト集団が会場のすぐ外で反対の意を唱えているのを見ると、少しショックを受けました。
 
ですが、それでもプライドパレードは日本よりも韓国の方が盛り上がっているように感じました。
 
大雨でも会場は満員で、沿道でパレードを見物する人もたくさんいました。
 
「こんな雨の中でもこれだけの人が集まるんだ」
 
そんな風に思いました。
 
ヘイト集団を見るのは良い気持ちはしませんが、パレードの趣旨を明確にし、パレード自体の世間の認知を高めることには一役買っているのかもしれません。
 
日本のパレードもこれくらい熱いものになってほしい。負けていられないな。」と心から思いました。
 
日本ともカナダとも全く違う雰囲気のプライドパレードでしたが、とても刺激になりました。
 
日本のパレードももっと盛り上がるように、頑張るぞー!!!


韓国クィアカルチャーフェスティバルのパレードの写真記事はこちらからどうぞ!

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してレインボーライフは一切の責任を負いません