「LGBTは生産性がない」に対して、デモで掲げられたメッセージ【写真】

 

TOPICSトピックス

「LGBTは生産性がない」に対して、デモで掲げられたメッセージ【写真】

2018.07.31



2018年7月27日(金)19時から、自民党本部前の路上で雑誌『新潮45』上に寄稿された杉田水脈議員の『「LGBT支援」の度が過ぎる』という文章に対する抗議活動が行われた。当日は主催者発表によると約5000人の参加者が集まったとのこと。

(関連記事:杉田水脈議員による『新潮45』寄稿の “全文” に抗議を表明します


 

当日の様子

 

今回の記事では当日掲げられた、それぞれの想いを載せたプラカードをご紹介していく。

 

「沈黙は死」
(エイズ啓発団体、ACT UPのスローガンとロゴ)


「度がすぎたレイシストをみおとすな!」
(うまい)


「RESIST 抗い続けます!」


「人権守れよ!!」
(憲法13条:すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。)


「JAPAN'S WALKING SHAME 杉田水脈 議員辞職しろ」
(BBCが放送した『Japan's Secret Shame』の中で杉田議員は「女として落ち度があった」とレイプ被害者を非難した)


「Love Trumps HATE!(愛はヘイトに勝つ!)」
(アメリカのトランプ大統領に対して、歌手レディーガガが抗議の一環で使用して話題になった)


「多様な性にYES!」
(5/17は世界的にIDAHO(LGBT嫌悪に反対する国際デー)として指定されており、日本は「多様な性にYESの日」として記念日認定されている)

「GAY LESBIAN BISEXUAL TRANSGENDER OTHERS ✔︎HUMAIN」


「FUCK YOU VERY MUCH」
(Lily AllenのFuck youという歌の歌詞)
「生産性で差別をするな」


「杉田水脈議員LGBT差別発言は自民党の総意」


「誰もが尊重されて生きる権利がある」


「RESISTANCE MUST BE ACCESSIBLE」


「BREAK THE WALL」
 

「BAN DISCRIMINATION 国際水準の法整備を」


「I LOVE WHO I AM」


「恥を知れ。」





「国家主義許さない LGBT差別許さん!」


「僕らはもうすでに一緒に生きている」


「差別をする自由はない Wipe Out Transphobia」


「反-生産」


「We are LGBT & A」
 

「猫の生活が第一」
(「猫に優しい社会は、人にも優しい」を掲げて活動する肉球新党のスローガン)

 

WRITERこの記事の投稿者

レインボーライフスタッフ

LGBTに関わるニュースやおすすめ情報を更新中!

    
他の記事を見る