LGBTとは?|LGBT|セクマイ情報サイト 全国の店舗・団体の検索・予約も!

 

LGBTとは?

LGBTとは?

 


このページでは、「LGBTとはなんだろう?」という方向けに、様々な用語についておすすめ記事と共に詳しく説明します。

 

 

  • LGBTとは?
  • もっと詳しく!LGBT
  • LGBT以外のセクシュアリティ
  • その他LGBT用語
 






 

LGBTとは?


レズビアン(Lesbian)ゲイ(Gay)バイセクシュアル(Bisexual)トランスジェンダー(Transgender)の頭文字を取った言葉で、性的少数者の総称でもあります。
セクシュアルマイノリティーセクマイクィア(変わり者という意味。元は差別用語だった)なども同義語です。しかし、LGBTではLGBT以外のセクシュアリティの人々が入っていないため、LGBTsやLGBTQ、LGBTIQAと書かれたりもします。




 
     

 

LGBTの割合


電通ダイバーシティラボの2015年の統計によると、日本のLGBTの割合は7.6%。実に13人に1人の割合でLGBTの人々がいることが分かりました。

※出典:電通ダイバーシティ・ラボが「LGBT調査2015」を実施― LGBT市場規模を約5.9兆円と算出 ―

 


 
   

 

性の4つのファクター


LGBTを考える上で、理解をより深めるために知っておいた方がよい考え方があります。
それが、性の4つのファクターです。"性"を考える時、一般的に考えると"身体の性"に偏ってしまいますが、この4つの側面から切り離して考えると、LGBTやセクシュアリティの理解も進みます。

 

生物学的性


からだの性。生まれた時に定められる戸籍の性別。
しかし、もともと性器が未完成のまま生まれてきた人や、育っていくうちに体内に戸籍の性と異なった性器が発達してくる人も存在する。そんな生物学的性が定まらない人のことを、インターセックス(半陰陽、性分化疾患)という。
インターセックスはLGBTに含むと主張する人と、含まないと主張する人がいる。

 

性自認


心の性。自分をどう認識するか、自分をどの性で考えるかということ。
性自認が生物学的性と異なっている人たちをトランスジェンダー(性同一性障害、性別違和)と呼ぶ。

 

性的指向


好きになる対象の性。
性的指向が同性である人がホモセクシュアル。

 

性表現


表現する性。表現する際に、どの性別に寄るかと言うこと。
例えば、服装や口調、ふるまいなどが表現に分類される。



例えば、ストレート男性(異性愛者男性)の人は生物学的性が男性、性自認が男性、性的指向が女性、性表現は男性(寄り)になります。
トランスジェンダー女性なら、生物学的性が男性、性自認が女性、性的指向は男性(もしくはレズビアンであれば女性)、性表現は女性(寄り)と表すことができます。

しかし、本来は性は男女に二分できるものではありません。女性で男性らしい言葉を使うことが好きな人もいれば、男性で女性らしい洋服が好きな人もいます。
性はグラデーションで表され、そのグラデーションのどこに位置するかで表すのが最も適していると言えるでしょう。
性は、完全に二分することはできないのです。

※もっと詳しく知る
性の4つのファクター




 
 

 

もっと詳しく!LGBT


LGBTそれぞれのセクシュアリティを関連記事と共に詳しく解説致します。

 

レズビアン


Lesbian
女性の同性愛者のこと。女性のことが好きな女性。よくビアンと略される。レズと訳すことには賛否両論あるが、一般的には良い言葉とはされていない。
また、海外ではダイク(Dyke)という言葉もしばしば用いられるが、ダイクという単語の元は差別用語なので注意が必要。

※レズビアン関連トピックス
日仏レズビアンカップルインタビュー【前編】
えるてき!銭湯の女湯問題
レズビアン関連トピックスをもっと読む

 

ゲイ


Gay
男性の同性愛者のこと。男性のことが好きな男性。
海外では、同性愛者のことを”ゲイ”とひとくくりに呼ぶこともある。

※ゲイ関連トピックス
ストレート男子が行くゲイバー探訪~①自己紹介編~
ゲイ関連トピックスをもっと読む

 

バイセクシュアル


Bi-sexual
男女いずれの性も好きになることができる人。
同性と恋愛をした経験はないが、興味がある人のことをバイキュリアス(Bi-curious:バイキュリ)と言う。
=両性愛

※バイセクシュアル関連トピックス
パンセクシュアルとバイセクシュアルの違いをパンセクシュアル当事者が語ってみた
バイセクシュアル関連トピックスをもっと読む

 

トランスジェンダー


Transgender
生物学的性と性自認が一致していない人のこと。よくトランスと略される。
また、生物学的性が女性で、性自認が男性の人のことをFtM(Female to Male:エフティーエム)と呼び、生物学的性が男性で、性自認が女性の人のことをMtF(Male to Female:エムティーエフ)と呼ぶ。
≒性同一性障害(性別違和)

※トランスジェンダー関連トピックス
トランスジェンダーとは?性同一性障害との違い・トイレ問題など
トランス女子のよもやま話!~私の自己紹介とこれからのこと~
トランスジェンダー関連トピックスをもっと読む




 
 

 

LGBT以外のセクシュアリティ

LGBTは、セクシュアルマイノリティの総称として使用されています。しかし、LGBTはレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーだけではありません。LGBTから漏れてしまうセクシュアリティがたくさん存在します。ここでは、そのセクシュアリティを説明していきたいと思います。

 

クエスチョニング


Questioning
自分の性自認、性指向、性表現に迷いや揺らぎがあり、決められない人もしくは決めたくない人のこと。

※クエスチョニング関連トピックス
クエスチョニングのおはなし#1 ~クエスチョニングってなあに?~
クエスチョニング関連トピックスをもっと読む

 

パンセクシュアル


Pansexual
性別にとらわれずに人を愛すことができる人。人を好きになる時に、性別を考えない人。
パンはギリシャ語で「すべて」という意味。
=全性愛
=オムニセクシュアル

※パンセクシュアル関連トピックス
パンセクシュアルとは?
パンセクシュアルとバイセクシュアルの違いをパンセクシュアル当事者が語ってみた
パンセクシュアル関連トピックスをもっと読む

 

アセクシュアル


Asexual
恋愛感情も性的欲求もわかない人のこと。 もしくは、恋愛感情は湧くけれど性的欲求は抱かない人のこと。
恋愛感情は湧くが性的欲求は湧かない人のことを、区別してノンセクシュアルと呼ぶこともある。
=無性愛

※アセクシュアル関連トピックス
アセクシュアル(無性愛)って?
どの生き方を選ぶも自分の自由。~自認に至るまで、そしてこれから伝えたいこと~
アセクシュアル関連トピックスをもっと読む

 

Xジェンダー


X gender
自分の性別はないと思う・決めたくない人(無性)や、男女両方の性に当てはまると思う人(両性)、男女の中間だと思う人(中性)、性別が流動的な人(ジェンダーフルイディティ:Gender fluidity)などが当てはまる。

※Xジェンダー関連トピックス
Xジェンダー(FtX、MtX)?〜LGBTという言葉だけでは表せない性〜
Xジェンダー関連トピックスをもっと読む

 

ストレート


Straight
異性愛者のこと。ノンケ(その気がない=ノンケ)とも言う。
=ヘテロセクシュアル、ノンケ、異性愛者
⇔ホモセクシュアル


 

 
 

 

その他のLGBT用語


セクシュアリティ含め、その他によく耳にする用語をまとめてご紹介します。

 

ヘテロセクシュアル


Heterosexual
異性愛者のこと。ヘテロはギリシャ語で「異なる」という意味。ヘテロと略されることが多い。
=ストレート、ノンケ、異性愛者
⇔ホモセクシュアル

 

ホモセクシュアル


Homosexual
同性愛者のこと。ホモはギリシャ語で「同じ、よく似た」という意味。ホモと略すと侮辱表現になるので注意。
=同性愛者
⇔ヘテロセクシュアル、ストレート、ノンケ、異性愛者

 

シスジェンダー


Cisgender
生物学的性(身体の性)と性自認(心の性)が一致している人のこと。
⇔トランスジェンダー
 

SOGI


Sexual Orientation(性的指向) and Gender Identity(性自認)の略。「ソジ」や「ソギ」と発音する。
LGBTだと、LGBT以外のセクシュアリティが含まれなかったり、そもそも異性愛者は含まれなかったりするが、SOGIという考え方だと、性的指向と性自認はすべての人に関わるという見方が可能になる。
また、LGBTに関するハラスメントのことを、「SOGIハラ」と呼ぶ。

※SOGI関連トピックス
LGBTじゃなくてSOGI?

 

ストレートアライ


Straight Ally
シスジェンダー、ヘテロセクシュアルでLGBTの知識を知っていたり、活動をしたりしている人々のこと。定義には様々な見解がある。
また、アライのみで使われることも多い。
アライという言葉は英語のAlliance(同盟国)という言葉が語源。日本でしか使われていない。
ストレートだけではなく、LGBTコミュニティに属する人たちで何かしらの活動を行っている人のこともアライだという考えもある。
また、企業や店舗に対してはLGBTフレンドリーという言葉が用いられる。
≒LGBTフレンドリー

 

クローゼット


Closet
自分のセクシュアリティを公にしていない人のこと。

 

カミングアウト


Coming out
自分のセクシュアリティを打ち明けること。カムと略されることが多い。
語源は、Coming out of closet (クローゼットから出てくる)こと。
⇔アウティング

※カミングアウト関連トピックス
カミングアウトする勇気・クローゼットでいる勇気
よもやま話第3話!〜カミングアウトのお話〜
えるてき!勇気ある撤退とカミングアウト

 

アウティング


Outing
自分の意思に反して、セクシュアリティが他の人に暴露されてしまうこと。
⇔カミングアウト

 

ホモフォビア


Homophobia
同性愛嫌悪のこと。

※ホモフォビア関連トピックス
LGBTとホモフォビア ~プライドパレード初参加の感想から~

 

クロスドレッサー


Cross Dresser
異性装をする人のこと。女性が男性に属する服装をすることを男装といい、男性が女性に属する服装をすることを女装と言う。
また、トランスヴェスタイト(Transvestite)と呼ばれることもあるが、この単語は異性装が精神疾患とされていたころの名称であるため、現在はクロスドレッサーと呼ばれることの方が多い。
=トランスヴェスタイト

 

GID


Gender Identity Disorder
性同一性障害のこと。
トランスジェンダーに対して、性同一性障害は診断名である。
日本では性同一性障害という言葉がよく知られているが、英語圏において、性別違和(Gender Disphoria:ジェンダーディスフォリア)と名称が変更されている。日本では、性別に違和感はあるが治療までは望まない人に出される診断名として使われている。
=性別違和
≒トランスジェンダー

※GID関連トピックス
トランスジェンダーとは?性同一性障害との違い・トイレ問題など

 

SRS


Sex Reassignment Surgery
性別適合手術のこと。日本では価格が高く、技術がそれほど発達していないため、タイで手術を受ける人が多い。

 

同性婚


Marriage Equality
法的に同性が結婚できる制度。残念ながら日本にはまだその制度はない。
英語だと、結婚の平等という言葉が使われている
≒パートナーシップ

※同性婚関連トピックス
日本における“パートナーシップ”、“同性婚”の違いと現状って?

 

パートナーシップ


Partnership
まだ婚姻関係を認められていない同性カップルのために作られた制度。地方自治体が証明書を発行するというもので、世田谷区と渋谷区が最初にパートナーシップ制度をスタートさせた。形態は様々で、渋谷区においては条例となっており、公正証書が必要で費用がかかる。対して世田谷区は要綱であり、費用はかからない。
パートナーシップ宣誓書を取得すると、企業のサービス(通信事業の家族割りや保険など)を婚姻関係のある男女と等しく受けられることができるなどの良い面もあるが、日本ではパートナーシップ制度には法的拘束力がないため、疑問視する声もある。
海外ではシビルパートナーシップというものが存在し、婚姻には劣るが法的拘束力がある。
≒シビルパートナーシップ
≒パートナーシップ制度
≒パートナーシップ条例

※パートナーシップ関連トピックス
日本における“パートナーシップ”、“同性婚”の違いと現状って?




※それぞれの用語の定義については、様々な見解があります。