レインボーライフ掲示板

 

BBSレインボーライフ掲示板

トランスジェンダー(性同一性障害?)です

投稿日:2018.09.02 21.07

投稿者:Alpha

今年高校一年生になったものです
小学校6年生ぐらいから違和感を持ち、中学3年生からそれが重く肩にのしかかるようになってきました
元々気弱で内気な性格からか、周りがそう気付くなんていうのはないかと思います

カミングアウトをいつしようか、そしてその後は何か変わるのか
変わる以前に両親は受け入れてくれるのか
というのも、自分は女性として性を受け産まれ
家族はそれを嬉しく思い女性らしくさせようと
それっぽい服や物を持たせたりします
そのように育てられこんなに長い間黙っていて本当に受け入れられる気がしないのです

その他にも悩みが積み重なり、勉強もろくに手につけることが出来ず
志望校に滑り私立に通っているのですが
その高校にセクハラかましまくる女子、男子の友達ができたと思って喜んでいたら
その男子は結果的にヤろうとして関わっていただけなど
自分の身にこたえる事ばかりが転がっていたのです
教師は私立というだけあって勉強の事しか考えていない様子、そもそも学校のトイレも女子男子の2つしかなく...
いい加減振り離したいのになかなか言い出せません
何か一つだけでもいいのです
もしよろしければ
どうか何かアドバイスを恵んでください...
題名
お名前
本文
お悩み拝見しました

2018.09.03 20.21  |  投稿者:自由席

Alphaさんはじめまして、自由席と申します。
お悩みを拝見して、家でも学校でも辛い思いをされているのだなとお気持ち察しました。

家族へのカミングアウトですが、Alphaさんは家族とLGBTについて何か話された事はありますか?
私たちは当事者として日々当たり前に考えている事ですが、当事者ではないいわゆるノンケの人達にとっては非日常的な問題です。
この事について、もしAlphaさんのご家族に性的少数者についての知識や理解がみられないようでしたら
お子さまであるAlphaさんが当事者としていきなりカミングアウトされると、とても混乱させてしまう可能性があるのです。
なのでもしカミングアウトを考えているのであれば、まずはご家族にどのくらい知識や理解があるかを日常会話から探っていって、それからご自分の事を話されるという風に順を追ってお話されたほうが宜しいと思います。

学校についてですが、残念なことに現在日本の学校教育では性の多様性についてはなかなか認知が遅いと感じています。女性用のお手洗いを使いたくないとの事であれば多目的トイレを使うという選択肢もありますが、多感な時期に一人だけ違うお手洗いを使うのも気持ちが落ち着きませんよね。
勉強も手につかないほど悩まれている様子ですので、カミングアウトとは別に、ご両親に学校で嫌な思いをした事をやんわりと伝えて自宅学習をするというのもご自分を守る一つの手段だと思います。学校に通い続けなければならないという概念にとらわれず、Alphaさんが落ち着ける時間を少しでも増やすことが大切かなと思いました。
ありがとうございます

2018.09.11 23.16  |  投稿者:Alpha

初めまして自由席さん

返信して下さったのに気付いておらず、母親にそれとなくカミングアウトしました
混乱などではなく、「それはないんじゃないか」という一言で流されてしまいました
クラスの担任教師に相談したところ、自分が通学している学校ではトランスジェンダーのカミングアウトは例のないことであったらしく
相談してできそうなら制服についても検討してくれるとの事で
そこまでは嬉しかったのですが...

おそらくこの返答から母は
トランスジェンダーは医者を通さないと名乗れないものであるという知識を持っているのでしょう...

さらにフルボッコにするかのように学校は休めない状態になっているのです
受験前からずっと鬱寸前でいたせいか感覚が麻痺し、将来の事を考え続け自分自身の体がどうしても休息をとることを許さないのです...

せっかく意見をくださったというのに情けない...
ねがいます

2018.09.25 23.36  |  投稿者:ぶん

昔の日本は、今では考えられない暮らしや考えを持ってました。今時の子供は私の幼い頃には考えられないほど、ゲームやYouTube…でも、違和感なく。
きっと、皆さまみたいに悩んでる事も、考えられないくらい、当たり前の世の中になりますように、人間の当たり前の尊重として行きていけますように。ただただ願います
すみません

2018.09.25 23.38  |  投稿者:ぶん

先程、ニュースZEROをみて、
ネット検索して、ここにたどり着きました。
例えも悪く、いきなりですが、伝えたくて…

えらそうにすみません