レインボーライフ掲示板

 

BBSレインボーライフ掲示板

どうしたらいいかわからないんです。

投稿日:2018.05.09 22.59

投稿者:くろ

長文失礼します。
大学2年になります。生まれた時の性別は♀ですが、認識している性別は♀とも♂とも言えず、わかりません。
自分の家は、シングルマザーで弟が1人います。母の姉2人もシングルマザーで、姉妹3人共にシングルマザーということもあり、同じ家で暮らしていました。母の姉2人の子供(私からしたら従兄弟)も男ばかりで、家の中の、私と同じ世代は6人中5人が男でした。小学校に行っても、田舎なものですから、10人中7人が男で、近所の子は男の子ばかりでした。その影響もあり、私は女の子といるより、男の子といることが多く、男の子になりたいと思っていましたし、見た目もツーブロックをしたり短髪で、ボーイッシュな格好を好んでいましたので、近所の人にはよく男の子と間違われました。スカートをはくと、女の子から「気持ち悪いよ」とか「似合ってない」と言われ、女の子らしい格好をするのが恥ずかしいと思うようになりました。中学校に入っても、見た目がボーイッシュなだけに、男の子からよく声をかけられ、男の子とつるむことが多かったです。そんな自分を男タラシだと言う女の子もいて女の子が怖くなり、余計に女の子と関わらなくなりました。高校は女の子が少ないと思われる、体育科の高校に入りました。40人中32人が男子と、とても居心地が良かったです。
高校に入るまでに恋愛はしたことがなかったですし、まず第一に、恋心が芽生えたことは一度もありませんでした。
高校は、体育科は男子が多いものの、普通科や芸術科は断然女子の方が多かったです。すると、普通科の女の子に、生まれて初めて告白されました。女の子が怖かっただけに、ボーイッシュでありながら恋愛対象は男だと認識していました。なので、その子からの告白は断りました。しかしよく考えてみると、男の人は友達としか見れておらず、どちらかというと、女の人を見てドキドキすることが多かったです。色んな意味で。
大学に入っても、男の人より女の人に告白されることが多いです。そんなことが続くと、自分がどちらの性別なのかわからなくなってしまいました。男の人を見てかっこいいと思うことはありますが、付き合いたいとか、ずっとそばにいたいとは思いません。女の人を見ると、可愛いと思ったり、恥ずかしくなったり、守ってあげたいと思ったりします。でも、どうしてそうなるのかは、自分でもよくわかりません。恋愛を一度もしたことがないので、好きという感情がわからないのですが、正直自分を理解できてない自分に焦っています。
同じような方がいらっしゃったら気が楽になる気がして、投稿させていただきました。
最後まで読んでくださりありがとうございました。
題名
お名前
本文
自分ボーイッシュです。

2018.05.10 11.44  |  投稿者:ケイ

こんにちは。初めまして。
まず、過ごしてきた環境が男の子に囲れていたので、価値観が世でいう「男」寄りなのかな?と言う印象を受けました。
私もボーイッシュでしたので、小学生のときなどは女の子みたいな服装すると回りから気持ち悪がられました。だから余計ボーイッシュに。(高校でやっとスカートに目覚める。あまりはかないけど。)
恋愛対象に関しても、どちらかと言えば女性の同性愛者という印象です。しかし女の子に傷つけられた経験から恐怖を感じてしまう。そのためにご自身の気持ちがわからなくなっているのかな?とも思います。
私の話を少ししますと、小学生で男の子に初恋を。中学で同性に初恋をしました。さらにその子も好きなのに、また別の男子にも恋をしました。
心は女と男をいったりきたりしています。
ボーイッシュな女性や男性にたいしては女として甘えたいし、フェミニンな女の子や男の子には男みたいな気持ちで守ってあげたい優しくしたい。
大人になって色んな人と関わっていたら性別関係なく愛を向ける自分にも気づきました(トランスジェンダー、中性のひとなど)
行き着いた先が、複数愛(ポリアモリー)、ジェンダーフルイド(性の流動性)、パンセクシャル(全性愛)です。

あなたはあなたです。
カテゴリーや、概念は説明するのに便利ですし、自分を理解するのにも役立ちます。
しかしそれにとらわれすぎると自分は何者でもない、何者なんだ??という不安に支配されます。
どうか自分を大事に。自分に誇りをもって生きていってください(浜崎あゆみさんの台詞のパクり)
焦らず、一歩前へ

2018.05.21 06.35  |  投稿者:タカ

くろさん

私はゲイです。
ですので、完全にくろさんの気持ちを理解することはできませんが、応援したいと思いました。男が好きなのか女が好きなのか、好きになった人を好きになることで良いのではと私は思いましたが、くろさん焦らず一歩前へ!